ペットセーフに関するよくある質問

ユナイテッドは、米国初の人道的保護活動を行う国立機関、アメリカ人道協会の協力の下、ペットセーフプログラムの包括的な見直しを実施後、2018年6月18日より、ペットの航空輸送の安全性向上を目指し、いくつかの新しい規定とお客様にお願いする要件を導入しました。 

これから年末にかけて、ユナイテッドとアメリカ人道協会は、引き続き、動物の輸送の安全性とケアの向上のため、必要に応じて対策を実施します。 アメリカ人道協会による、ペットの安全かつ快適な輸送に備えるためのフライト前の重要な情報については、こちらのビデオをご覧ください

ご予約の前に

    • 客室内と同じように気圧と気温、湿度が調整された、航空機のコンパートメントで犬や猫を輸送します。 天候に左右されずにペットが快適に過ごせるよう、倉庫や車両にも空調を整えています。 また、ペットは最後に積み込まれ、最初に降ろされます。
    • 専用の24時間体制のペットセーフデスクはこちら:
      • 1-800-575-3335(米国内通話料無料)
      • +1-832-235-1541(米国外から:通常の通話料金がかかります)
    • 日本発の貨物輸送の専用お問い合わせ先:
      • +81 3 6732 5078(月曜日から金曜日の午前9時から午後6時)
    • 輸送するペットについて、出発前に予約を確認します。
    • 出発地から目的地までペットの輸送状況をオンラインで追跡できます。
    • ペットセーフの契約履行保証: 指定時刻までにお預けいただいたにも関わらずペットの輸送が中断され、ご予約通りにペットが輸送されなかった場合、すべての認定基準が満たされていれば、輸送料金の一部を払い戻しいたします。 払い戻しを申請するには、払い戻し申請フォームをご提出ください。

      *天候またはその他ユナイテッドが制御できない理由により遅延が発生した場合は、払い戻しは行われません。 払い戻し申請は、ペットの到着予定日から7日以内に行ってください。

  • 料金は、ペットの体重とクレートの重量の合計によって決まります。 詳細は、弊社ウェブサイトのペットセーフの料金セクションをご覧ください。 なお、料金には、ケージでの宿泊料金や休息料金など、いくつかの手数料が含まれていません。 国際線の場合は、運送業者や通関業者の手数料など、追加のサービス料金がかかる場合があります。

  • ユナイテッドでは、ペットの安全を最優先に考えています。 気圧の調整が必要なことから、一部の機材にはペットを搭乗させることができません。 また、ペットを積載可能なスペースがない場合にも、ご予約いただけません。航空機によってはクレートのサイズが制限される場合もあります。

  • ペットセーフで輸送するすべての犬猫について、健康診断書の原本が必要です。 ご旅行前にかかりつけの獣医師による総合的な検査を受けることを強くおすすめします。

    米国農務省(USDA)が定めた要件を満たすには、検査を実施した獣医師免許を持つ獣医師により往路および復路旅行日のそれぞれの旅行日の10日以内に発行および署名された健康診断書が必要です。 復路便の出発日が健康診断書の発行から10日を過ぎる場合は、新たに検査を受けて健康診断書を入手する必要があります。

    ユナイテッド便でのペットの輸送の前もしくは後に国際線での輸送がある場合は、健康診断書は英語にて発行されたものをご用意ください。 国際線をご利用の場合、目的地の大使館または領事館に問い合わせて、その国が定める入国手続きに従ってください。

  • 老齢のペットと幼いペットは、輸送環境によるストレスの影響に対してより敏感です。 航空輸送中の健康上のリスクを調べる追加の健康診断についてかかりつけの獣医に相談することをおすすめします。

    米国およびプエルトリコ内を旅行される場合、子犬または子猫は生後8週間を経過している必要があります。 体重が900g未満の子犬または子猫の場合は、生後10週間を過ぎている必要があります。 狂犬病のリスクが高い国から米国への輸送について詳しくは、「ご予約の前に」のページの「ペットの年齢」のセクションをご覧ください。

  • 成犬または成猫は必ず1つのクレートに1匹ずつ入れてください。 生後6か月までの子猫または子犬については、それぞれ9kg以内で、互いの大きさと体重が近似している場合に限り、2匹まで同じクレートに入れることができます。 子犬または子猫が自由に動き回れるクレートであることが必要です。 1つのクレートに猫と犬(または子猫と子犬)を一緒に入れることはできません。

  • 指定時刻までにお預けいただいたにも関わらずペットの輸送が中断され、ご予約通りにペットが輸送されなかった場合、すべての認定基準が満たされていれば、輸送料金の一部を払い戻しいたします。 払い戻しを申請するには、払い戻し申請フォームをご提出ください。

    *天候またはその他ユナイテッドが制御できない理由により遅延が発生した場合は、払い戻しは行われません。 払い戻し申請は、ペットの到着予定日から7日以内に行ってください。

ご出発の前に

  • ペットのクレートは硬質プラスチック製、木製、または金属製で適切な換気口が付いていて、金属製のボルトで締められているものを選んでください。 動物が無理なく立ち上がったり、立ったまま普通に向きを変えたり、自然な姿勢で立ち上がったり床にふせたりできるよう、動物のサイズに応じた十分な大きさのものをご用意ください。 クレートの開口部からペットの身体が出ないようにする必要があるため、金属製ワイヤーのみでできたクレートはご使用いただけません。 詳細については、ケージの条件のぺージをご覧ください。

  • クレートの中におもちゃや薬を入れたり取り付けたりすることは禁止されています。 クレートの上部には、450g(1ポンド、 16オンス)までのドライフード、リード1本、フラットタイプの首輪1本などを取り付けることができます。 クレートの底に厚さ7.6cm(3インチ)未満の吸水性のあるもの(毛布、タオル、クレートパッドなど)を敷くこともできます。 おもちゃや薬を入れることは禁止されています。 食器を2つ(食事用と水用)または仕切りのある食器を1つ、クレートの内側にしっかりと固定してください。 食器は、ドアを開けずに外から補給できるようにする必要があります。

    容器の要件に関する詳細は、出発当日の準備のページをご覧ください。

  • ペットを、訓練用または睡眠用の金網クレートとは異なる航空輸送用のクレートに入ることに慣れさせることが極めて重要です。 ペットの輸送に備えて、できるだけ早く、ペット輸送日の2~3週間前までに輸送用クレートを入手してください。ただし、それより早めにペットをクレートに適切に順化させることをおすすめします。 輸送中のストレスを軽減するには、ペットがクレートの中で安心して快適に過ごせることが重要です。 ペットを順化させる方法については、こちらのビデオをご覧ください

    また、空港へ向けて出発する前にペットに散歩をさせてください。 フライトの前後にペットを散歩させられるよう、リードをお持ちください。

  • ペットをお預けになるときに、クレートに付ける必要のあるラベル一式を空港の係員がお渡しします。 ペットの名前と、出発地でお預けになる方と到着地でお受け取りになる方のお名前、住所、電話番号を記載したラベルをクレートの上面に付けてください。

  • いいえ。鎮静剤や精神安定剤を投与された動物、または投与されたと考えられる動物をお預かりすることはできません。 鎮静剤以外にもペットを落ち着かせる安全な方法があります。 たとえば、ストレス軽減(フェロモン)首輪などの自然療法もあります。 ペットを落ち着かせるその他の方法については、かかりつけの獣医にご相談ください。

  • 米国農務省は、ペットを輸送サービスへ預ける4時間以内にペットにエサと水を与えることを義務付けています。 可能であれば、ペットをお預けいただく4時間ほど前に食事を与えることをお勧めします。 出発の2時間前からはペットに食事を与えないでください。満腹の状態で飛行すると、ペットが不快感を感じ、胃腸の膨張や嘔吐などを発症する場合があります。

  • お預かりする場所は空港によって異なるため、ユナイテッドカーゴのウェブサイトで、空港コードまたは都市名を入力してご確認ください。

  • ペットはフライトの出発予定時刻の最低時間前までに空港の指定されたお預かりカウンターにお預けいただく必要があります。 十分な時間的余裕をもってペットのチェックイン手続きを完了できるよう、下記の最低時間の30分前までにお越しください。

    • 米国本土内のフライト: 2時間
    • 米国から国外へのフライト: 3時間
    • 出発地が米国外のフライトの規定は、地域によって異なります。そのため、詳しくはペットセーフにお問い合わせください。
  • はい。ペットをお預けになる際に、貨物運送状をお渡しします。 弊社のオンライン追跡ツールに運送状の番号を入力すれば、お預かりしたペットの状態をモニターできます。

  • ペットよりも後のフライトをご利用の場合や、すぐにペットをお受け取りいただけない場合、安全なペット収容施設でお預かりします。 ユナイテッド航空では、シカゴ・オヘア空港ユナイテッドカーゴ施設、ヒューストン・インターコンチネンタル空港ユナイテッドカーゴ施設およびニューヨーク/ニューアーク空港旅客ターミナルCで空港内ペット収容施設を運営しています。その他の空港に輸送されるペットは、ユナイテッド航空が指定する空港外のペット収容施設でお預かりする場合があります。 状況に応じて、ペット収容施設の追加利用料金がかかることがあります。

広告

Saison