重要なお知らせ

ポリシーの変更に応じて、最も正確な情報をご確認ください。ご予約がある場合、入国制限や検査要件などの最新情報については、トラベルレディセンターをご覧ください。計画中の旅行の場合は、インタラクティブマップを使用して目的地の旅行要件をご覧ください。

[TIMESTAMP]現在。最新情報が入り次第、更新いたします。

 

フライトの変更またはキャンセル、予約の取り直しの方法

  •  
    1. united.comのホーム画面で「ご予約の確認」を選択し、情報を入力します
    2. 「フライトの変更」を選択してから、以下の手続きを行います:
      1. 「編集」を選択し、旅行の日付または目的地を変更
      2. 別の目的地を追加
      3. 一部のフライトをキャンセル
    3. 「次へ」を選択し、新しいフライトのオプションを選択します
    4. 手順に従って新しいフライト情報を確認します

    注記:変更手数料は免除と表示されますが、運賃の差額が発生する場合があります。

    フライトの変更またはキャンセルについての詳細な説明を見る

    1. united.comのホーム画面で、「ご予約の確認」を選択し、情報を入力します
    2. 「フライトのキャンセル」を選択します
    3. フライトがキャンセルされたことを確認します
    4. 次回のご旅行に使用できるフライトクレジットがある場合、新しいフライトを予約する際に「次回のフライトクレジットを使用」を選択し、フライトにクレジットを適用します

    フライトの変更またはキャンセルについての詳細な説明を見る

COVID-19 positive test result or exposure with symptoms

If you’ve tested positive for COVID-19, are feeling symptoms or have recently been exposed to someone who tested positive for COVID-19 the CDC recommends you don’t travel for 5 days. See their website for more information.

旅程変更の特別対応と最新情報

政府による規定および制限が急速に変化している状況を受けて、この情報は通知なく随時変更されることがあります。

国際線をご利用の場合は米国務省のウェブサイトで国別の最新情報をご確認ください。米国に渡航する場合は下記の入国要件と、CDCの州および地域ごとの衛生に関するウェブサイトで米国各州の最新の制限事項も併せてご確認ください。

米国内路線をご利用の場合はCDCの州および地域ごとの衛生に関するウェブサイトで米国各州の最新の制限事項をご確認ください。

フライトをご予約済みの場合は、トラベルレディセンターから、お客様とお客様の渡航先に関する情報をご確認ください。

現在有効な旅行免除規定はありません。

 

全世界

 

アジア

 

オーストラリアおよび太平洋地域

 

カリブ海諸国

 

ヨーロッパ

 

北米および中米

 

中東

 

北米

 

南米

 
特別対応:

COVID-19-related requirements for travel to the U.S.

For flights departing after 12:01 a.m. EDT on June 12, 2022, all travelers entering the U.S. are required to provide information for the purposes of contact tracing. This includes personal contact information and details about your travel plans. This information will only be used by the CDC to track potential exposure to an infectious disease, such as COVID-19.

Very limited exceptions to these rules may apply. Learn more about the latest rules for travel to the U.S., read the official guidance from the CDC.

Before traveling to the U.S. as a noncitizen, make sure all other travel documents are valid and up-to-date, including your ESTA status (for eligible travelers visiting the U.S. for 90 days or less). . Learn more about ESTA

To check specific entry restrictions for your trip, please enter your information on our Travel Restrictions page.

Updated June 10, 2022

変更手数料が不要になりました

米国内線、あるいは米国とメキシコまたはカリブ海地域間の路線をご利用の場合、エコノミーおよびプレミアムキャビンの航空券のほとんどについて変更手数料は不要です。また、米国を起点とする国際線の旅行についても変更手数料はかかりません。詳しくはこちら

その他のすべてのスタンダードエコノミーおよびプレミアムキャビンの航空券について、変更手数料は2022年1月31日まで無料です。ベーシックエコノミー航空券は2021年12月31日までに発券され、ご旅行を2021年12月31日までに開始される場合にのみ変更が可能です。ご利用規約を表示する

提携航空会社でのご旅行

ご旅行に他の航空会社のご利用が含まれる場合は、確実でスムーズなご旅行のため、各航空会社の旅行ガイドラインをご確認いただくことをお勧めいたします。

お客様のご旅行が例外規定の対象となった場合の手続きの詳細は、フライトの遅延およびキャンセルのページをご確認ください。

  •  

    ご利用の国際線の目的地によっては、特別なお知らせおよびご案内があります。詳しくは、「海外旅行」のページをご覧ください。

    キューバ:渡航に関する規定の変更

    2017年6月16日より、米国司法管轄下のお客様は、人的交流を目的とした個人によるキューバへの渡航が禁止されます。キューバに入国あるいはキューバから出国するユナイテッドのフライトをご予約のすべてのお客様は、渡航が許可されているいずれかの指定カテゴリーに該当することを誓約する必要があります。米国市民がキューバへの渡航を許可されているカテゴリーについて詳しくは、米国財務省のキューバへの渡航に関するページをご覧ください。

    米国行きの国際線フライトのセキュリティ対策の強化

    米国国土安全保障省(DHS)では、通常の保安検査に加えて、米国行きの国際線全便においてセキュリティ対策を強化しています。大型電子機器、粉末、食品、本、雑誌などの日用品に対して追加で保安検査が行われる場合があります。TSAのウェブサイトに、持ち込みできるものとできないものの全一覧が掲載されています。

    大型電子機器:標準サイズのスマートフォンより大きい電子機器をお持ちの旅行者は、検査に備え、保護ケースや外部カバーなどから取り出せるようにしておいてください。ケースの取り外しにドライバーなどの特別な道具が必要な場合は、空港到着前に取り外しておくことをおすすめします。

    粉末状のもの: 粉状の物品およびそれに類するものは受託手荷物としてお預けください。DHSによると、通常の飲料缶のサイズ(350mlまたは12液体オンス)を超える粉状の物質の機内持込み手荷物および身のまわり品としての持ち込みが禁止される場合があります。

    セキュリティチェックの対象となった場合、許可された容量を超える粉状の物質は機内に持ち込みいただけません。粉状の物質には、コーヒー粉、紅茶、小麦粉、砂糖、香辛料が含まれます。ただし、乳幼児用の粉ミルクや医薬品、またご遺骨などは機内持ち込み手荷物としてお持ちいただけます。

    国によっては検査場でこのセキュリティチェックを行う際に、許容量を超える粉状の物質について没収および廃棄などのより厳しい対処を行う場合があります。

    到着時間:米国運輸保安局(TSA)は、セキュリティ対策の強化に対応して、時間に余裕を持ってフライト出発の3時間前までに空港に到着することを推奨しています。まずは空港のチェックインカウンターの営業時間をご確認ください。

    詳細はDHSのウェブサイトをご覧ください。個別のご質問については、TwitterまたはFacebook Messengerの@AskTSAまでお問い合わせいただくか、TSAカスタマーサービスをご利用ください。

    米国税関国境警備局による事前検査済みのフライトでのご旅行について

    以下に記載されている国際空港から米国に渡航される場合は、予定出発時刻の3時間以上前を目安に空港にご到着ください。これらの空港からのフライトは米国税関国境警備局による事前検査済みであり、出発前に追加の国境保安検査が行われますので、十分な時間の余裕を持ってお出かけください。米国にご到着の際は、米国内の国内線ターミナルに到着します。

    ユナイテッドは、下記の国際空港から、米国CBPによる事前検査済みのフライトを運航しています。アルバ(AUA)、バミューダ(BDA)、ダブリン(DUB)、フリーポート(FPO)、ナッソー(NAS)、シャノン(SNN)、エドモントン(YEG)、ハリファックス(YHZ)、オタワ(YOW)、モントリオール(YUL)、バンクーバー(YVR)、ウィニペグ(YWG)、カルガリー(YYC)、トロント・ピアソン(YYZ)。

    ESTAの承認

    先ごろ、電子渡航認証システム(ESTA)の申請手続きに一部変更があり、即時承認がご利用いただけなくなりました。米国のパスポートをお持ちでなくESTAが必要なお客様は、米国旅行のご予約時、または遅くとも出発の72時間前までに申請することをおすすめします。

  •  

    シカゴ・オヘアとニューヨーク/ニューアーク:収容力と群衆行動に関するテスト

    ユナイテッドは、シカゴ・オヘアとニューヨーク/ニューアークの各空港で、空港内の混雑を緩和する方法を調べるために新技術のテストを行っています。収容力と群衆行動の管理のみを目的として、人の数をモニタリングするため、一部のゲートエリアとユナイテッドクラブでモバイル機器、CCTV、センサーからの匿名化されたデータを使用します。

    このデータが個人を識別するために使用されることはありません。モバイル機器のWi-Fiを無効にすることで、ワイヤレスネットワークによる検知を拒否することもできます。このデータの使用方法については下記をご覧ください。

    このテストでのCCTVフィードの使用方法

    CCTVのビデオフィードを処理する技術を使用して、非識別情報を検出し、特定のエリア内にいる人の数を特定します。ユナイテッドが個人を識別できる情報を処理、収集、保持することはありません。

    このテストでのワイヤレスネットワークの使用方法

    ほぼすべてのモバイル機器にWi-FiやBluetooth機能が搭載されており、インターネットなどのテクノロジーに接続して利用できます。これらの機器は、メーカーが割り当てたWi-FiまたはBluetoothのMACアドレス(12桁の文字)を広く発信し、それをWi-FiセンサーやBLEセンサーが検知します。

    ユナイテッドは、ワイヤレスネットワークを使用して、特定のエリア内に発信されているMACアドレスを検知し、それを識別不可能なハッシュ化データ文字列に変換してから、その情報を使用してそこに存在する機器の数を特定します。この匿名の情報から、エリア内に存在する可能性のある人の数を把握できます。

    ユナイテッドは、MACアドレスに関連付けられている可能性のある、個人を識別できる情報を収集または保持することはありません。また、匿名化されたMACアドレスを逆検知することはできません。

    機器のWi-FiやBluetooth機能をオフにすることで、ワイヤレスネットワークによる検知を防ぐことができます。

    米国のID

    新型コロナウイルスにより、お客様の米国運転免許証または州発行のIDの有効期限が2020年3月1日またはそれ以降であり、州の運転免許局で更新できない場合、空港チェックポイントで以後も身分証明書として使用できます。TSAは、失効から1年、または非常事態の終了から60日後のうちいずれか遅い方まで、失効した運転免許証または州発行のIDの使用を認めます。

    REAL IDの施行

    2023年5月3日より、米国内線に搭乗するすべての旅行者は、REAL ID準拠の運転免許証、州発行の改良運転免許証、またはその他、有効なパスポートや米軍IDなど、使用が認められた身分証明書の提示が必要となります。使用が認められた身分証明書の全一覧はこちら

    使用が認められた身分証明書を提示できない場合、保安検査場を通過できません。

    REAL IDの施行の詳細およびよくあるご質問をご覧ください。

    ベルリン空港の変更

    2020年11月8日より、ドイツのベルリン発着便は、ベルリン・ブランデンブルク空港(BER)を発着します。今後はベルリン・テーゲル空港(TXL)に代わり、この空港がベルリンの主要国際空港となります。テーゲル空港は、2020年11月7日をもって全民間航空機の運航を終了します。ベルリン・ブランデンブルク空港のアクセスおよび詳細については、https://ber.berlin-airport.de/をご覧ください。

    シカゴ・オヘア空港建設工事

    2020年5月28日より、シカゴオヘア国際空港のターミナル1、ターミナル2からメインパーキングエリア、CTAブルーラインの駅に接続する歩行者用トンネル4つのうちの2つが工事のため閉鎖されます。各所を結ぶその他のルートは引き続きご利用いただけます。案内に従ってお進みください。

    2021年3月30日から、到着フロア用の下層道路で電気水道および舗装交換の工事が始まり、ターミナル1と2のカーブサイドのカスタマーピックアップエリアの約半分が使用できなくなります。閉鎖エリア付近の横断歩道のいくつかと、再循環道路に続くランプも工事中は閉鎖されます。工事終了予定は2022年です。この結果、ターミナル1および2に到着のお客様には通常よりも交通渋滞が発生しやすい状況が予想されます。遅延を避けるため、時間に余裕を持ってお出かけになることをお勧めします。お客様のお迎えには一時駐車場をご利用ください。

    2021年4月16日より、ケネディ・エクスプレスウェイ(州間高速道路90号線)にて道路工事が実施されるため、通常より渋滞がひどくなることが予想されます。車でオヘア空港にお越しの方はご注意ください。新しい集散路はキャンフィールド通りのすぐ後(現在のランプより約1マイル手前)にあるため、州間高速道路190号線からオヘア空港へ向かうランプを含め、ケネディ・エクスプレスウェイの下り線をご利用の方は、各ランプに入るには早めに合流する必要があります。空港には時間に余裕をもってお越しください。代替ルートもご検討になることをおすすめします。

    シンシナティ空港の保安検査場のオープン時間

    シンシナティ空港の保安検査場のオープン時間は、毎日午前3時30分から午後9時までです。ご利用便に遅延が発生している場合でも、保安検査場が閉鎖される前に余裕をもって通過していただけるよう、午後9時前に空港にお越しください。遅延便の出発に合わせた営業時間の延長は行っておりません。保安検査場が閉鎖されるとご利用便にご搭乗いただけなくなります。

    デンバー空港の工事

    デンバー空港メインターミナルのグレートホールで工事が行われているため、デンバー空港からご出発のお客様は、出発予定時刻の2時間前を目安に空港にお越しください。実施中の工事に伴い、通常よりチェックインに時間がかかる場合があります。また、工事用の仮設壁が設置され、レストランやショップのご利用が制限されます。ターミナル各所に方向案内が掲示されます。ご不明な点は係員にお尋ねください。詳細はデンバー国際空港のウェブサイトをご覧ください。

    デンバーでの手荷物のお預け

    デンバー国際空港(DEN)では、トランジットセンターおよび75番街で受託手荷物のお預けとチェックインを承る無料サービスをご提供しています。到着から搭乗まで手荷物なしで移動できる便利なサービスをご利用ください。

    • このサービスは、ユナイテッドの米国内線フライトが対象となります。国際線フライトは、手荷物のお預けサービスの対象外となります。
    • フライト出発の90分前までに手荷物をお預けください。
    • 発券カウンターに並ぶことなく、手荷物を預け、搭乗券を受け取ることができます。
    • このサービスは無料です。ただし、手荷物料金がかかります。手荷物料金はすべての受託手荷物カウンターでお支払いいただけます。
    • お座席を使用しない幼児をお連れのお客様は、発券カウンターでお子様の搭乗券を受け取る必要があります。

    トランジットセンターでの手荷物のお預け:トランジットセンターで手荷物を預け、搭乗券を受け取り、保安検査場を通過してからターミナルへ向かうことができます。

    • 所在地: トランジットセンター1階(ウェスティンの下)
    • 営業時間: 午前6時~午後6時(深夜0時までに出発するフライトが対象)

    75番街での手荷物のお預け:車に乗ったまま手荷物を預けてから駐車できます。係員がお客様の車から手荷物を下ろし、お客様のフライトチェックイン、搭乗券の印刷まで承ります。それから駐車場に停めて、手荷物なしでターミナルへ。ターミナル到着後は直接保安検査場へ向かってください。

    • 所在地: 75番街パイクピークス駐車場付近
    • アクセス:Peña Blvdから75番街に入り、Gun Club交差点を直進し、案内板に従って手荷物のお預けの列にお進みください。
    • 営業時間: 土~木 午前4時~午後4時、金 午前4時~午後7時

    羽田空港での所要時間

    羽田空港(HND)の空港拡張工事に伴い、受託手荷物の預け入れや保安検査のために時間に余裕を持って空港にお越しください。オンラインまたはユナイテッドアプリからの事前チェックインもぜひご利用ください。

    ヒューストン・インターコンチネンタル空港の工事および閉鎖

    現在の空港工事に伴い、ノースターミナル・ロードとサウスターミナル・ロードで交通渋滞が予想されます。時間には余裕を持ってお出かけになるようお勧めします。

    ターミナルC駐車場のデパーチャー・ランプから出るすべての車両は、料金所を通ってターミナルE駐車場からサウスターミナル・ロードに出ることになります。さらに、ターミナルD/Eの駐車場が廃止されたため、お客様はそれ以外のターミナルの駐車場をご利用になり、ターミナルEへは、地下鉄(保安検査前)またはスカイウェイ(保安検査後)でお越しください。

    掲示されている工事関連の情報を十分にご確認ください。

    カンザスシティ空港での所要時間

    カンザスシティ(MCI)からご出発のお客様は、特に午前中はチェックインおよび保安検査に十分な時間の余裕を持ってお越しください。空港のチェックインカウンターは午前3時30分に、TSA保安検査場は午前3時45分にオープンします。

    ルイジアナ州ラファイエット地域空港での所要時間

    ラファイエット(LFT)からご出発のお客様は、チェックインおよび保安検査に十分な時間の余裕を持ってお越しください。空港のチェックインカウンターは午前3時30分に、TSA保安検査場は午前3時にオープンします。

    ロサンゼルスの交通情報およびタクシー・ライドシェアのご利用

    ロサンゼルス空港(LAX)付近で実施中の工事により、空港周辺で交通渋滞が発生しています。フライトの2時間前までに空港にお越しいただけるよう、時間に余裕をもってお出かけください。

    空港を出発するタクシーとライドシェアサービスの乗り場が新エリアLAX-itに移動しました。このエリアは手荷物受取所からシャトルをご利用いただくか、歩いてすぐです。詳しくはflylax.com/lax-itをご覧ください

    メキシコ、ロスカボスにおける空港建設

    ロスカボス国際空港(SJD)は現在工事中のため、ロスカボスに到着するか、ロスカボスから出発する旅行者は、チェックインや入国審査、および通関手続きの待ち時間が長くなることにご注意ください。搭乗エリアは通常より混雑する可能性があり、出発前の搭乗のお知らせも制限される場合があります。

    ニューヨーク・ラガーディア空港ターミナルBの最新情報

    2020年6月13日のニューヨーク・ラガーディア空港ターミナルBの到着/出発ホールの新規オープンに伴い、ターミナルBのTSA保安検査場から搭乗ゲートエリアまでは、徒歩で最大20分程度かかる場合があります。オープン日以降にターミナルBからご出発のお客様は、この移動時間を考慮に入れて、通常より早めに空港に到着するようご計画ください。

    フェニックス空港のターミナル変更

    フェニックス・スカイハーバー国際空港(PHX)のすべてのユナイテッド便の発着ターミナルが新しいターミナル3に変更になりました。

    サンペドロスラ空港での所要時間

    ラモン・ビジェダ・モラレス国際空港では、暴風雨および洪水による被害により施設の処理能力に制限があります。すべてのCOVID-19関連書類について確認が必要とされているため通常よりもチェックインに時間がかかる可能性があります。少なくとも予定出発時刻の4時間前にお越しください。また入国審査および税関検査の事前審査をprechequeo.inm.gob.hn/Loginで受けられることをお勧めします。

    サンフアンでの追加保安検査

    TSAが実施しているセキュリティ対策の強化の一環として、ルイス・ムニョス・マリン国際空港(SJU)では、水分のある食品または冷凍食品はすべて機内持込み手荷物から取り出して検査を行う必要があります。食品の機内持込みは許可されていますが、サンフアン空港からご出発のお客様は、保安検査に十分な時間の余裕を持ってお越しいただくか、保安検査を迅速に済ませるため水分のある食品または冷凍食品は受託手荷物としてお預けいただくことをおすすめします。このポリシーは標準の保安検査レーンに適用され、TSA Pre✓®レーンには影響ありません。

    セントトーマスの工事

    セントトーマスのシリル・E・キング国際空港(SST)は改装工事中です。この工事に伴い、チェックインおよびセキュリティチェックに通常より時間がかかる場合がありますので、出発3時間前に空港にお越しください。

    トロントでのチェックイン時間

    セキュリティ検査と税関エリアがますます混雑しているため、ユナイテッドおよびユナイテッド・エクスプレスのすべてのフライトのチェックインは出発の90分前になります。出発予定時刻の2時間半前に到着されることをお勧めします。午前中に出発するフライトには、乗客の流れを最適化するために新しいキューシステムが適用されます。チェックイン後、案内標識を探して、どの列を通って航空機に搭乗すれば良いかご確認ください。

    コロラド州ベイルの工事

    イーグル郡地域空港(EGE)では現在工事が行われています。これに伴い、TSA保安検査場からゲートまでの距離が通常より長くなっています。この移動時間を考慮し、受託手荷物をお預けになる場合は出発時刻の45分前にはチェックインをお済ませください。

    ワシントン・ダレス空港の工事

    ワシントン・ダレス空港(IAD)では、発券カウンターの近くで工事を行っています。この工事に伴い、チェックインおよび手荷物の預け入れに通常より時間がかかる場合がありますので、早めに空港にお越しください。

    ワシントン・ナショナル空港の工事

    ワシントン・ナショナル空港(DCA)の工事によりターミナルBの前の車線が閉鎖されるため、空港道路の渋滞の発生が予想されます。空港への移動および空港からの移動につきましては、時間に余裕をもってご計画ください。車の乗降には、工事エリア外にあるターミナルガレージのご利用をご検討ください。最新情報については、flyreagan.com/ProjectJourneyをご覧ください。

  •  

    次のご旅行に向けて、ユナイテッドクラブをご利用のお客様の健康と安全を最優先に考えた取り組みについてご確認ください

    各地のユナイテッドクラブおよびユナイテッド・ポラリス・ラウンジの最新情報については、ユナイテッドクラブおよびラウンジのページをご覧ください。営業時間およびご利用いただける施設は変更される場合があります。

  • ​対象航空券:2020年3月3日から2022年1月31日の間に発券された標準運賃の航空券または2020年3月3日から2021年4月30日の間に発券されたベーシックエコノミー運賃の航空券に適用されます。

    変更/キャンセル:2020年3月3日から2021年4月30日の間に発券されたベーシックエコノミー運賃の航空券または2020年3月3日から2022年1月31日の間に発券された標準運賃の航空券をお持ちのお客様は変更手数料なしで変更することができます。新たなフライトの航空券代が元のものより高い場合、変更手数料はかかりませんが、差額をお支払いいただく必要があります。変更後のフライト運賃の方が安い場合、変更手数料はいただきません。標準運賃の航空券との差額は次回のフライトクレジットで受け取ることができます。航空券を外部の旅行会社から購入した場合、取り扱いのルールについては発券した旅行会社にお問い合わせください。旅行会社によって販売された特別包括旅行(例:特殊割引運賃)などの契約運賃は、変更手数料無料の対象にならない場合があります。変更またはキャンセルのお手続きは、航空券の旅行日より前に行う必要があります。

    ご注意:2020年8月30日より、米国内線、あるいは米国とメキシコまたはカリブ海地域間の路線をご利用の場合、エコノミーおよびプレミアムキャビンの航空券のほとんどについて変更手数料が不要になりました。米国発の国際線については、変更手数料が無料になりました。詳細についてはunited.com/changefeeをご覧ください。

    対象運賃:2022年1月31日までに発券されたすべての標準運賃の航空券、番号が016で始まる、すべての目的地、すべての販売地点、販売対象のすべての旅行の日付の航空券が対象となります。さらに、2021年4月30日までに発券されたベーシックエコノミー運賃の航空券、番号が016で始まる、すべての目的地、すべての販売地点の航空券が対象となります。

    その他:運賃、手数料、規約、およびキャンペーンは、予告なく変更される場合があります。座席数に制限がありますため、フライトや出発日によってはご利用いただけない場合がありますので、あらかじめご了承ください。一部の運賃はご購入後24時間が経過すると払い戻し不可となります。その他の制限が適用される場合があります。