Important notices

[TIMESTAMP]現在。最新情報が入り次第、更新いたします。

 

新型コロナウィルス(COVID-19)に関する更新事項


  •  
    1. united.comのホーム画面で「ご予約の確認」を選択し、情報を入力します
    2. 「フライトの変更」を選択してから、以下の手続きを行います:
      1. 「編集」を選択し、旅行の日付または目的地を変更
      2. 別の目的地を追加
      3. 一部のフライトをキャンセル
    3. 「次へ」を選択し、新しいフライトのオプションを選択します
    4. 手順に従って新しいフライト情報を確認します

    注記:変更手数料は免除と表示されますが、運賃の差額が発生する場合があります。

    フライトの変更またはキャンセルについての詳細な説明を見る

    ユナイテッドのウェブサイトは現在つながりにくくなっております。フライトの変更やキャンセルの際にエラーが発生した場合は、後ほどもう一度お試しください。

    1. united.comのホーム画面で、「ご予約の確認」を選択し、情報を入力します
    2. 「フライトのキャンセル」を選択します
    3. フライトがキャンセルされたことを確認します
    4. 次回のご旅行に使用できるフライトクレジットがある場合、新しいフライトを予約する際に「次回のフライトクレジットを使用」を選択し、フライトにクレジットを適用します

    フライトの変更またはキャンセルについての詳細な説明を見る

    ユナイテッドのウェブサイトは現在つながりにくくなっております。フライトの変更やキャンセルの際にエラーが発生した場合は、後ほどもう一度お試しください。

すべてのお客様にマスクの着用をお願いしています

お客様と乗務員の安全を守るため、すべてのお客様は、通気孔や開口部のない、鼻と口全体を覆うマスクの着用が必要です。ご飲食中を除く全フライトの間、マスクの着用をお願いします。また空港内でも、ユナイテッドのカスタマーサービスカウンター、キオスク、ユナイテッドクラブ、ゲート、手荷物受取所などでマスクの着用をお願いしています。フェイスシールドの着用だけでは条件を満たしません。空港内および機内でマスクを着用されないお客様にはご搭乗をお断りする可能性があるほか、今後ユナイテッドのフライトでご旅行いただけない場合があります。2歳未満のお子様は対象外です。

旅程変更の特別対応と最新情報

政府による規定および制限が急速に変化している状況を受けて、この情報は通知なく随時変更されることがあります。最新情報を見る

現在有効な旅行免除規定はありません。

 

6月1日~12月31日のご旅行で2020年3月2日以前に発券された航空券は変更手数料無料

空港

  • すべての都市

ご利用予定だったフライトの出発日

2020年6月1日~2020年12月31日

その他の情報

振替便のご利用:

  • 変更またはキャンセルの期限は2020年8月31日です。
  • 変更する場合は、「ご予約の確認」ページからご予約を検索し、「フライトの変更」を選択してください。運賃の差額をお支払いいただく場合があります。
  • フライトをキャンセルして、後で予約を取り直す場合は、「ご予約の確認」ページから、「キャンセルのオプション」で次回のフライトクレジットを選択してください。元の航空券の発券日から少なくとも24か月間は、手数料なしで予約を取り直すことができます。運賃の差額をお支払いいただく場合があります。

元の航空券の購入期限:

2020年3月2日

旅行代理店の方へ:

旅行代理店の皆様は、OSIフィールド内(ARCおよびBSP報告代理店)、一例としてOSI UA 7XXXXにトラベルウェイバーコード7JC51をご入力いただくことにより、自主的な変更が可能です。

2020年3月2日以前に発券された航空券は変更手数料無料

空港

  • すべての都市

ご利用予定だったフライトの出発日

2020年3月3日~2020年5月31日

その他の情報

振替便のご利用:

  • 新しい航空券は元の航空券の発券日より24か月以内に再発行を受ける必要があります。
  • 予約の取り直しによるご旅行は、元の航空券の発券日より24か月以内に開始する必要があります。

元の航空券の購入期限:

2020年3月2日

旅行代理店の方へ:

旅行代理店の皆様は、OSIフィールド内(ARCおよびBSP報告代理店)、一例としてOSI UA 7XXXXにトラベルウェイバーコード7JC4Sをご入力いただくことにより、自主的な変更が可能です。

全世界

 

アジア

 

オーストラリアおよび太平洋地域

 

カリブ海諸国

 

ヨーロッパ

 

北米および中米

 

中東

 

北米

 

南米

 
特別対応:

新規ご予約の変更手数料無料

ユナイテッドでは、今後のご旅行の計画を見直しているお客様に対して、柔軟な対応をしていきたいと考えています。そのため、2020年8月31日までの間にユナイテッド便をご購入の場合、以後12か月間は変更手数料なしでご変更いただけます。ご利用規約を表示する

Eサーティフィケートの期限を延長しています

旅行に出かける際の柔軟性を高めるため、Eサーティフィケートは発行日から24か月間有効になりました。これには、現在有効なすべてのEサーティフィケートと2020年4月1日以降に発行されたすべての新しいEサーティフィケートが含まれます。

このポリシーの変更は自動的に表示されますが、すぐには反映されない場合があります。この変更を実現するよう取り組んでおりますので、今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。

特典航空券の返還手数料の免除

特典旅行のキャンセルをされるお客様には、2020年8月31日以前の旅程日を対象とする特典航空券の返還手数料をすべて無料にしています。また、旅行日程が2020年12月31日までの特典航空券についても、出発日から30日以上前にキャンセルされた航空券の返還手数料を無料にしています。また、特典航空券の日程変更についても手数料は無料です。詳細は特典航空券の変更・キャンセルをご覧ください。

お客様のご旅行が例外規定の対象となった場合の手続きの詳細は、フライトの遅延およびキャンセルのページをご確認ください。

中国:渡航制限

中国政府は中国本土への旅行者の入国制限を発出しています。中華人民共和国に入国できるのは、中国国民およびこの規則を免除されているパスポート所持者に限られます。渡航が認められるかどうかについては、中国大使館にお問い合せください。さらに、中国パスポート保有者は、中国へのフライトの日の14日前から毎日WeChatアプリで感染流行と健康に関するアンケートに記入し、搭乗の際にQRコードを提示する必要があります。アプリのアンケートに回答することは、中国本土へのフライトに搭乗する条件の一つです。詳しくは、中国大使館のウェブサイトまたは中国民用航空局のウェブサイトをご覧ください。

中国本土に入国するすべての旅行者は、COVID-19検査を受けることと14日間の隔離が義務付けられており、費用は自己負担となります。出発前の48時間の間に陰性の結果が確認されるように米国でCOVID-19検査を受けることをお勧めします。

Hong Kong: Travel restrictions

Travelers are not allowed to transit through or enter Hong Kong except for those listed below:

  • Passengers with a Hong Kong passport
  • Passengers with a British passport with "British National (Overseas)" nationality who are residents of Hong Kong
  • Residents of Hong Kong with a Permanent Identity Card, a valid work or study visa, or an extended visa who enter within the validity of a permitted stay.
  • Passengers with a residence or study visa or a Certificate of Entitlement issued by Hong Kong
  • Passengers who have only been to China, Taipei or Macao in the past 14 days
  • Passengers traveling from the mainland of China, Taipei or Macao who haven't been to any other country/region in the past 14 days
  • Passengers with a diplomatic, an official or a service passport traveling on duty
  • Spouses and minor children of Hong Kong residents

All travelers who are eligible to enter Hong Kong must quarantine for 14 days and present a completed Health Declaration Form to the Department of Health upon arrival. Passengers can only travel on flights operated by the same airline group and can't travel to the mainland of China through Hong Kong.

The government of Hong Kong requires travelers departing the U.S. to obtain the following before traveling. United is required to confirm each traveler has the following documents before allowing them to board the flight:

  • A specific COVID-19 test called SARS-CoV-2 nucleic acid test, no exceptions, as well as the results of the test. The test result page must indicate a nucleic acid test was performed within 72 hours prior to scheduled departure time, the result is negative, and includes full name of the traveler as it appears in the passport
  • If the items in bullet point #1 are not possible, the traveler may use a form to be completed by their health care provider administering the test. Download a sample form
  • A statement from the laboratory or healthcare provider confirming it is a licensed facility to conduct COVID-19 tests. Download a sample form. In lieu of using the sample form, a copy of a ‘Certificate of Accreditation’ issued by the Centers for Medicare & Medicaid Services (CMS), Clinical Laboratory Improvement Amendments (CLIA) program is acceptable. Passengers should contact their laboratory or healthcare provider for further information.
  • Proof of a hotel reservation for 14 days’ quarantine upon arrival, including returning residents

India: Travel restrictions

Travelers aren’t allowed to enter India, except for those listed below:

  • Nationals of India and their spouses
  • Residents of India
  • Passengers with an Overseas Citizen of India (OCI) card or booklet
  • Students and minors if one of the parents is a national of India or OCI card holder
  • Single parents of a minor who is a national of India or OCI card holder
  • Passengers returning from a neighboring country via India to their country of residence
  • Passengers with diplomatic, official, UN/International Organizations or project visas

All regular visas and e-visas issued before June 30, 2020, stand suspended until further notice, except for:

  • Diplomatic, official, UN/International Organization or project visas/all categories of Employment visas
  • Business visas (excluding B-3 visas for sports)

Travelers should confirm they meet the entry requirements by visiting the Indian Embassy website.

Customers traveling on United from the U.S. to India nonstop must complete two online data submissions.

  • First, prior to check-in, the Indian Government requires that you provide contact information at united.com/entryform. Failure to complete the data collection requirement may result in your travel plans being canceled. At the boarding gate, you will be required to confirm this data has been provided at United’s website.
  • Second, effective August 8, travelers are required to complete an online health declaration and an agreement to quarantine form at least three days prior to departure. Once completed, passengers will receive a unique reference number and copy of the submitted form. Passengers are required to present copies of the forms upon arrival in India. To complete this task, passengers are required to visit https://www.newdelhiairport.in/covid19 and click on the “Air Suvidha” drop-down link on the upper right-hand corner of the web page.

Quarantine is at the traveler’s expense and additional details of the duration of quarantine and exemptions are available at https://www.newdelhiairport.in/covid19

Finally, India requires all passengers to install the “Arogya Setu” app on their personal devices.

Japan: Travel restrictions

Travelers who have been in the countries listed in the first section of this page in the past 14 days are not allowed to enter, with some exceptions.

Japan has also suspended or invalidated various visas. Be sure to check your visa validity.

Travelers to Japan can expect to be tested for COVID-19 upon arrival.

Effective August 5, Japan will reopen its borders to certain foreign nationals with resident status. On September 1, additional categories of foreign nationals with resident status will be allowed to enter. Visit Japan’s Ministry of Foreign Affairs website to learn more about the revised entry conditions.

For foreign nationals that meet its entry requirements Japan requires a negative COVID-19 test conducted within 72 hours of departure and a re-entry certification issued by the Japanese Embassy or a Consulate.

Japan suggests that travelers ask their testing facility to comply with a specific form for verification of the test, which can be downloaded here. Otherwise, the test document must include traveler name, passport number, nationality, date of birth and gender. It must confirm that the test undertaken is authorized by Japan and include the test result as well as the date the test was taken and the date the results were received. Finally, the document must include the name and address of the testing facility and the name and signature, stamp or seal of the doctor.

Foreign nationals are also required to obtain from a Japanese Embassy/Consulate a “Re-entry Confirmation Letter.” Please allow enough time to apply and obtain the certificate prior to flying.

For more information, visit Japan’s coronavirus (COVID-19) advisory information page.

シンガポール:渡航制限

帰国するシンガポール居住者および長期滞在許可証を有する旅行者に限り、シンガポールへの入国が許可されています。短期滞在者のシンガポールへの入国およびシンガポールでの乗り継ぎは禁止されています。シンガポールに入国するすべての旅行者は、搭乗前に健康状態申告書に記入すること、および到着後14日間の隔離が義務付けられています。

シンガポール便はサンフランシスコ発、香港経由となります。シンガポールからサンフランシスコへの復路便も、香港を経由します。香港ではいったん降機し、保安検査と体温測定を受ける必要があります。シンガポールからさらに別の国へ出国するフライトは現在ありません。そのため、すべての旅行者はシンガポールで旅程を終了する必要があります。

韓国:渡航制限

すべての旅行者は、ソウル到着の当日または到着前の3日間の間にCOVID-19検査を受けること、また、韓国での永住権を持たない旅行者は、施設隔離同意書への記入とともに政府指定施設での14日間の隔離が義務付けられており、費用は自己負担となります。韓国国民および居住者は、自宅隔離者安全保護モバイルアプリのインストールが義務付けられています。韓国に短期滞在する方は、自己診断モバイルアプリのインストールが義務付けられています。

一部の短期滞在ビザおよびビザ免除は一時休止しております。入国条件の全文は、旅行条件のページをご覧ください。米国大使館および大韓民国総領事館のウェブサイトにも最新情報が記載されています。

当面の期間、江南の都心空港ターミナルでのチェックイン手続きは一時休止中です。手荷物の預け入れは空港で行ってください。

オーストラリア:渡航制限

以下の例外を除き、渡航者はオーストラリアでの乗り継ぎ、または、オーストラリアへの入国が禁止されています。

  • オーストラリア国民およびその家族
  • オーストラリア永住者およびその家族
  • オーストラリア在住のニュージーランド国民
  • 航空会社社員、スタッフ
  • オーストラリア認定外交官およびオーストラリア在住外交官とその家族

すべての渡航者は、オーストラリアに到着後14日間、自主隔離することが義務付けられています。オーストラリアでの滞在期間が14日未満の場合は、全滞在期間に渡って自主隔離する必要があります。乗り継ぎでオーストラリアに8~72時間滞在する場合は、フライト出発までの期間、州が定めた施設において強制的に隔離されます。

グアム:渡航制限

グアムに入国するすべての旅行者は、検診の対象となり、自宅またはグアム政府指定の施設での14日間の隔離が必要です。旅行条件の詳細および隔離免除の対象者一覧については、グアム・リカバリーのウェブサイトをご覧ください。

マーシャル諸島:渡航制限

マーシャル諸島への渡航者の入国は、2020年9月5日まで禁止されています。

ミクロネシア:渡航制限

当面の期間、すべての旅客は、ヤップ、チューク、ポンペイ、コスラエを含むミクロネシア連邦の4つの州のいずれにおいても降機が禁止されます。

パラオ:渡航制限

過去14日以内に中国、香港、マカオを経由または滞在した渡航者は、パラオへの入国が禁止されています。

サイパン:渡航制限

北マリアナ諸島への入国者は、次の手順をすべて完了した場合、隔離を免除され、自主隔離が可能です。

  • サイパンに到着する3日前までには、オンラインのCNMI Mandatory Declaration Form(CNMI必須申告書)に記入する
  • Sara Alert Symptom Monitoring Systemに登録して毎日応答し、CHCCの規定に従い、14日間連続して自主隔離を行う
  • 到着時および到着から5日後のCOVID-19検査用検体採取に同意する
  • CNMI保健担当者による審査のため、サイパンへの到着の3~6日前に採取された標本による有効なPCR検査の証明書を所持する
  • PCR検査結果の有効な証明とは、到着の3~6日以内に採取された旅行者の標本と定義されています。

検査結果には、英語で、旅行者の名前、実施検査場の名称、検体採取日、PCR検査が行われたことを示す指標、検査結果が記載されている必要があります。

すべての渡航者に対して、サイパン上陸に際して健康申告書に必要事項を記入することが義務付けられています。詳細は、政府のウェブサイトをご覧ください。

タヒチ:仏領ポリネシアの渡航制限

仏領ポリネシアに渡航する6歳を超える旅行者は、国際線での出発前3日以内に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のRT-PCR検査を受け、結果が陰性であることを証明する必要があります。またETIS申請書を提出し、QRコードが記載された受領書を印刷したものを到着時に提示することが必要です。

また、仏領ポリネシア到着時に無料の自己検査キットが提供されます。このキットで滞在4日目に検査を実施し、滞在先に提出する必要があります。

アルバ:渡航制限

アルバ政府は、アルバ行きフライトへの搭乗を許可するため、到着するすべての旅行者に対して出発前72時間以内にオンライン出入国カードへの入力を完了することを義務付けています。また、アルバでは米国の一部の州から到着する渡航者には到着時の検査を許可しないため、出発前12~72時間以内に実施されたCOVID-19のPCR検査の陰性結果をアップロードする必要があります。

上記に加え、すべての渡航者は、チェックイン時に渡航許可書への記入が必要です。また、搭乗前72時間以内に実施されたCOVID-19のPCR検査の陰性証明書の提出が、すべての渡航者に強く推奨されます。出発前にすべての渡航者は、www.edcardaruba.awで購入できる健康保険への加入が必要です。この制限は以下には適用されません:

  • アルバ、ボネール、キュラソーの居住者
  • 同暦日に出発する渡航者
  • オランダ軍関係者、その配偶者および子ども

出発前に検査を受けなかった場合は、到着時にCOVID-19検査が必須となり、費用の事前負担が必要です。また、1日間の自己隔離が義務付けられます。この制限は以下には適用されません:

  • 15歳未満の渡航者
  • 同暦日に出発する渡航者

出入国カードへの入力および詳しい情報については、www.edcardaruba.awでご確認ください。

バハマ:渡航制限

渡航者は出発前にtravel.gov.bsで「バハマ健康査証(Bahamas Health Visa)」申請書への入力が義務付けられています。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)RT-PCR検査の陰性結果をアップロードするか、該当する免除理由を選択したうえで、連絡先情報の入力が必要です。チェックイン時および到着時に、認可された「バハマ健康査証」の申請書を必ず提示してください。

渡航者は、バハマ到着前10日以内の日付で採取された検体に基づく新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のRT-PCR検査が陰性である必要があります。この措置は、10歳以下の渡航者には適用されません。迅速(簡易)抗体検査は当局に認められません。

旅行者は、到着時の検診および14日間の観察隔離の対象となります。費用は自己負担となります。

ジャマイカ:渡航制限

ジャマイカへ渡航するすべての旅行者は、出発前にvisitjamaica.comで渡航認証の取得が必要です。ジャマイカ国民および在住者は、出発前にjamcovid19.moh.gov.jm/immigration.htmlで渡航認証の取得が必要です。

米国の一部の州からの12歳以上の旅行者は、ジャマイカ到着日の10日以内に実施された新型コロナウイルス感染症(COVID-19)PCR検査において、結果が陰性であることが必要です。

すべての旅行者は到着時の検診の対象となり、隔離指示書への署名が義務付けられます。到着時にCOVID-19のPCR検査実施が必要とされた旅行者は、自身の滞在予定場所での自己隔離が必要です。詳細はジャマイカ観光局のウェブサイトをご覧ください。

プエルトリコ:渡航制限

プエルトリコへ渡航するすべての旅行者は、www.travelsafe.pr.govまたはwww.viajaseguro.pr.govにある「渡航申告書(Travel Declaration Form)」のオンライン入力が必要です。

プエルトリコに到着するすべての渡航者は、14日間または滞在期間中のいずれか短い期間内での、自己負担による隔離が義務付けられます。ただし、以下の場合を除きます。

  • 到着前72時間に実施されたCOVID-19の分子検査により陰性と証明できる方
  • 到着前72時間以内にCOVID-19の分子検査が実施されたが、結果を待機中の方。その場合、旅行者は結果が判明するまでの隔離が必要となり、結果はプエルトリコ保健省へデジタル方式で提出することになります。結果をアップロードするリンクは、旅行者が「渡航申告書」への入力が完了した時点で申告書に表示されます。

到着前に検査を受けずにプエルトリコに到着する場合、「渡航申告書」の提出時に「検査委任状(Testing Authorization)」が発行され、現地で自己負担による検査が実施されます。それに応じて滞在期間中または現地検査までの隔離が義務付けられ、判明結果は適正にプエルトリコ保健省へ提出されます。

空港での検査は、渡航者が到着時に症状を呈している場合に限り実施され、プエルトリコ保健省の関係者により、検査のための適切な紹介が行われます。

渡航者の監視および経過観察のため、プエルトリコ保健省が自動化システムで行うテキストメッセージまたはEメールによる毎日の相互通信が義務付けられます。これには、現在の症状に関するいくつかの簡単な質問に毎日回答することが必要となります。

ベリーズ:渡航制限

ベリーズ政府は、当面の期間有効となる渡航制限を発令しました。この期間中、ベリーズ国民、ベリーズ居住者および正式な外交官のみが同国への入国を許可されます。また渡航者は、入国許可を裏付けるベリーズ外務省発行の許可書の所持が必要です。許可書を入手するには、ベリーズのCOVID-19関連ウェブサイト上で申請してください。詳しくはベリーズ政府repatriation@mfa.gov.bzまでお問い合わせください。

8月15日より、旅行者は到着の72時間以内にBelize Health Appをダウンロードする必要があります。旅行者は、検診および14日間の隔離の対象となります。

コスタリカ:渡航制限

コスタリカに入国するすべての旅行者は、到着前に健康申告書を記入することが義務付けられています。必要書類はオンラインで事前に英語またはスペイン語で記入し、提出できます。

また2020年8月1日より、旅行者には、医療保険への加入と、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)陰性の検査結果が記載され、出発前48時間を限度に発行された診断書の提出も義務付けられます。

ベルギー:渡航制限

旅行者の入国は禁止されています。この制限は以下には適用されません:

  • 欧州経済領域加盟国およびスイスから入国する旅行者
  • アンドラ、モナコ、モンテネグロ、北マケドニア、サンマリノ、セルビア、スイス、バチカン市国(教皇聖座)、欧州経済領域加盟国の国民
  • 「英国市民」「海外英国市民」としてジブラルタルで発行された英国パスポートを所持する旅行者、および、英国の居住権を認める証明書を付帯する英国パスポートを所持する旅行者
  • 欧州経済領域加盟国、スイス、英国が発行した長期居住許可証または長期「D」査証を所持し、ベルギーを経由して居住国に帰国する旅行者
  • 欧州経済領域加盟国およびスイスの国民の家族
  • 英国国民の家族
  • 軍関係者

すべての旅行者は、公衆衛生に関するロケーターフォームに記入し、搭乗前にユナイテッドの係員に提示することが義務付けられています。フォーム未記入の場合はご搭乗いただけません。また、到着時に当フォームをベルギー政府係官へも提出する必要があります。

以上に加え、すべての旅行者は検診の対象となり、到着後14日間の自己隔離が必要です。

France: Travel restrictions

Passengers are not allowed to enter France. This does not apply to:

  • Nationals of France if not arriving from French Guiana or Mayotte, and their spouses and children,
  • British nationals and nationals of Andorra, Monaco, San Marino, Switzerland, Vatican City (Holy See) and an EEA Member State if not arriving from French Guiana or Mayotte, and their spouses and children
  • Passengers arriving from Andorra, Australia, Canada, Georgia, Japan, Korea (Rep.), Monaco, Morocco, New-Zealand, Rwanda, San Marino, Switzerland, Thailand, Tunisia, United Kingdom, Uruguay, Vatican City (Holy See) or an EEA Member State
  • Passengers with a residence permit issued by Andorra, Monaco, San Marino, Switzerland, United Kingdom, Vatican City (Holy See) or an EEA Member State if not arriving from French Guiana or Mayotte
  • Merchant seamen if not arriving from French Guiana or Mayotte
  • Students if not arriving from French Guiana or Mayotte

A completed International Travel Certificate must be presented prior to boarding and to immigration upon arrival or when transiting France. You can download the form in English and French here – it’s located under the headline "Attestation de déplacement dérogatoire vers la France métropolitaine depuis les pays tiers et déclaration sur l'honneur." (This does not apply to passengers arriving from Andorra, Australia, Canada, Georgia, Japan, Monaco, Montenegro, Morocco, New Zealand, Rwanda, San Marino, Serbia, South Korea, Switzerland, Thailand, Tunisia, United Kingdom, Uruguay, Vatican City (Holy See), or an EEA Member State.)

Travelers must complete a declaration of honor stating that they don’t have symptoms of coronavirus (COVID-19), which must be dated and signed by the passenger, and will be subject to quarantine or isolation depending on whether they are symptomatic.

Effective August 1, 2020, passengers arriving from the U.S., Bahrain, Panama or United Arab Emirates must have a medical certificate with a negative Coronavirus (COVID-19) PCR test result issued at most 72 hours before departure. This does not apply to passengers younger than 11 years.

Passengers arriving from Algeria, Brazil, India, Israel, Kuwait, Madagascar, Oman, Peru, Qatar, Serbia, South Africa or Turkey must have a medical certificate with a negative Coronavirus (COVID-19) PCR test result issued at most 72 hours before departure. Passengers without a medical certificate must take the test on arrival. This does not apply to passengers younger than 11 years.

Before you travel, check the French government’s website for the latest information.

Germany: Travel restrictions

By the order of Germany’s Federal Ministry of the Interior, passengers are not allowed to enter Germany with the exception of:

  • Passengers arriving from Austria, Belgium, Bulgaria, Croatia, Cyprus, Czechia, Denmark, Estonia, Finland, France, Greece, Hungary, Iceland, Ireland (Rep.), Italy, Latvia, Liechtenstein, Lithuania, Luxembourg, Malta, Netherlands, Norway, Poland, Portugal, Romania, Slovakia, Slovenia, Spain, Sweden, Switzerland or United Kingdom
  • Nationals of Germany
  • Passengers with a residence permit issued by Germany
  • Residents of Australia, Canada, Georgia, New Zealand, Thailand, Tunisia and Uruguay if they've lived in the country for at least 6 months
  • Passengers with a "D" Visa issued by Germany
  • Husband, wife, child and registered partner of nationals or residents of Germany
  • Nationals of Austria, Belgium, Bulgaria, Croatia, Cyprus, Czechia, Denmark, Estonia, Finland, France, Greece, Hungary, Iceland, Ireland (Rep.), Italy, Latvia, Liechtenstein, Lithuania, Luxembourg, Malta, Netherlands, Norway, Poland, Portugal, Romania, Slovakia, Slovenia, Spain, Sweden, Switzerland and their family members returning via Germany to their country of residence
  • British nationals and their family members returning via Germany to their country of residence
  • Military personnel
  • Merchant seamen
  • Passengers traveling as students if they cannot complete their study outside Germany
  • Unmarried partners of residents of Germany. They must have a written invitation and a copy of the identity document of the resident in Germany. They must also have a declaration and be able to present proof of their relationship.

Passengers are not allowed to transit if arriving from a non-Schengen Member State to another Schengen Member State. This does not apply to:

  • Nationals of EEA Member States and Switzerland.
  • British nationals.
  • Family members of nationals of EEA Member States and Switzerland.
  • Family members of British nationals.
  • Passengers with a residence permit or long-term visa issued by an EEA Member State or Switzerland
  • Residents of Australia, Canada, Georgia, New Zealand, Thailand and Uruguay if they've lived in the country for at least 6 months
  • Military personnel
  • Merchant seamen

Passengers are subject to quarantine for 14 days. Travelers coming from the U.S. whose final destination is Germany will be required to take a COVID-19 test upon arrival. Those who arrive with proof of a negative PCR test conducted no more than 48 hours prior to arrival are exempt from this requirement.

Visit this website for more information about entry restrictions.

アイルランド: 渡航制限

アイルランド共和国に到着するすべての旅行者は、14日間の自己隔離および「公衆衛生に関する旅行者位置情報フォーム(Public Health Passenger Locator Form)」への記入が必要です。この制限は以下には適用されません:

  • 北アイルランドから到着する旅行者
  • 外交旅券を所持する旅行者

オランダ:渡航制限

オランダは現在、一部渡航制限を実施しています。個々のお客様に適用される入国制限については、こちらでご確認くださいオランダ政府のウェブサイトにも詳しい情報が記載されています。

オランダ居住者の恋人またはパートナー、およびオランダ居住者に同行する18歳未満の子供は、入国書類とともに必要となる「COVIDによる入国禁止免除の対象となる関係性の申告書(Declaration of relationship for COVID entry ban exemption)」に記入し、オランダ居住者本人による署名を受ける必要があります。到着時の入国審査で申告書を提出する必要があります。オランダ政府のウェブサイトに詳しい情報が記載されています。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の危険性が高い国から出発する渡航者は、搭乗前に必要事項を記入済の「健康状態申告書」のユナイテッドへの提出が義務付けられています。オランダ政府はまた、渡航前に以下の資料を読むことを義務付けています。

コロナウイルスの感染リスクの高い国からの渡航者は、オランダ到着から14日間自主隔離することが義務付けられています。詳しくはこちら

Switzerland: Travel restrictions

Travelers aren’t allowed to enter Switzerland, with some exceptions.

Travelers also aren’t allowed to transit if arriving from a non-Schengen member state to another Schengen member state, with some exceptions.

Travelers are subject to quarantine for 10 days, with some exceptions. For more information, please visit the government of Switzerland’s website.

英国:渡航制限

英国政府により、旅行者は渡航前に健康に関する指針に目を通すことが義務付けられています。団体を代表して予約またはチェックインする場合は、団体の全員にこの指針を必ず周知してください。

2020年6月8日より、英国への入国に関する新しい規則が適用されています。英国への入国者は、英国民が帰国する場合を含め、1) 旅程の詳細と連絡先をオンラインフォームで準備し、記入済みの印刷またはオンラインコピーを英国入国の際に提示すること、および 2) 14日間の自主隔離が義務付けられます。アイルランド共和国、チャンネル諸島およびマン島からの旅行者で、同地に14日以上の滞在歴のある方は、どちらの規制からも除外されます。詳細は、英国政府のウェブサイトをご覧ください

オンラインフォームは、フライトの48時間前から記入の開始が可能です。旅行出発前に記入を完了することを強くお勧めいたします。記入済みのフォームは到着時の入国審査で提示することが義務付けられています。

イスラエル:渡航制限

渡航者の入国および乗り継ぎは禁止されています。この措置はイスラエルの国民または居住者には適用されません。

渡航者は、14日間の隔離の対象となり、健康申告表を記入して入国時に提出する必要があります。

アラスカ:渡航制限

アラスカ州外から到着する渡航者は、旅行者宣誓フォーム(PDF)に記入するとともに、渡航の72時間以内に受けたCOVID-19のPCR検査が陰性であること、到着時に検査結果を提示することが義務付けられています。

現在、搭乗前に検査を受けていない場合は、アラスカ到着時にCOVID-19のPCR検査を受け、結果が出るまで自費で自主隔離する必要があります。8月11日より、すべての非居住者は、出発前72時間以内に受けたCOVID-19のPCR検査の結果が陰性であることを到着時に証明する必要があります。非居住者がアラスカ到着時に検査を受けることはできません。

検査を拒否する場合は、14日間または全滞在期間のいずれか短い期間、自費で自主隔離する必要があります。詳細はアラスカ州政府の公式ウェブサイトをご覧ください。

カナダ:渡航制限

以下の例外を除き、旅行者のカナダへの入国は禁止されています。

  • カナダ国民
  • カナダ永住者
  • カナダ国民および永住者の家族で、観光目的以外の旅行者
  • 米国から渡航する、観光目的以外の旅行者
  • 一時滞在者査証を取得する必要がない方およびその家族で、観光目的以外の旅行者
  • 学生
  • 商船の船員
  • インディアン法で定められたインディアン
  • サンピエール島およびミクロン島に居住するフランス国民で、過去14日間に同島、米国、カナダのみに滞在した方

渡航者は、カナダへのフライトに搭乗する前に検温を受ける必要があります。また、カナダに到着する48時間前までに、ArriveCANアプリを手持ちのデバイスにダウンロードし、必要な情報を送信する必要があります。

すべての渡航者は、以下の空港のいずれかへの到着が義務付けられます。カルガリー(YYC)、モントリオール(YUL)、トロント(YYZ)、バンクーバー(YVR)。また、14日間の隔離対象となります(続きがあります)。

Connecticut: Travel restrictions

As of July 28, all passengers traveling to Connecticut are subject to a mandatory 14-day self-quarantine upon arrival if they’re originating from any of the following states or territories: Alabama, Arizona, Arkansas, California, Florida, Georgia, Hawaii, Idaho, Illinois, Indiana, Iowa, Kansas, Kentucky, Louisiana, Maryland, Minnesota, Mississippi, Missouri, Montana, Nebraska, Nevada, North Carolina, North Dakota, Oklahoma, Puerto Rico, South Carolina, South Dakota, Tennessee, Texas, Utah, Virgin Islands, Virginia, Washington, and Wisconsin. For more information, visit the state of Connecticut’s website.

ハワイ:ハワイに到着する渡航者の自主隔離

ハワイ州知事は、ハワイに到着または帰島するすべての渡航者に、14日間の自主隔離を義務づける命令を発布しました。在住者および旅行者を含むすべての渡航者は、ハワイ到着後14日間の自主隔離が義務付けられています。滞在期間が14日未満の場合は、全滞在期間に渡って住居、ホテルの客室、または賃貸住宅で自主隔離する必要があります。島間を移動する場合は、14日間の自主隔離の対象ではなくなります。

ビーチ、プール、フィットネスセンター、ショッピングセンター、レストラン、バー、観光地など、共用施設の利用や公共の場への外出はできません。医療上の緊急事態または診療が必要な場合を除き、隔離場所を離れることはできません。また、訪問者との面会もできません。

渡航者は、機内で配布されるハワイ州農務省のフォームに記入しなければなりません。このフォームには、14日間の隔離と違反した場合の罰則についても記載されています。到着時に政府発行の身分証明書とともにこのフォームを提示する必要があります。詳細については、ハワイ州の安全な旅行に関するページをご覧ください。

マサチューセッツ州:旅行条件

マサチューセッツ州では、「低リスク」に指定されている地域からの渡航を除き、州外から戻る居住者を含む州外から到着するすべての旅行者に対して、フライト前に「マサチューセッツ州旅行フォーム(Massachusetts Travel Form)」に記入することを義務付けています。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大が深刻な他州からの旅行者は、到着後14日間の隔離の対象となるか、または到着の72時間以内に受けたCOVID-19検査の結果が陰性であることが必要です。

New Jersey: Travel restrictions

As of July 28, all passengers traveling to New Jersey are subject to a mandatory 14-day self-quarantine upon arrival if they’re originating from any of the following states or territories: Alabama, Arizona, Arkansas, California, Florida, Georgia, Hawaii, Idaho, Illinois, Indiana, Iowa, Kansas, Kentucky, Louisiana, Maryland, Minnesota, Mississippi, Missouri, Montana, Nebraska, Nevada, North Carolina, North Dakota, Oklahoma, Puerto Rico, South Carolina, South Dakota, Tennessee, Texas, Utah, Virgin Islands, Virginia, Washington, and Wisconsin. For more information, visit the state of New Jersey’s website.

New York: Travel restrictions

As of July 28, all passengers traveling to New York are subject to a mandatory 14-day self-quarantine upon arrival if they’re originating from any of the following states or territories: Alabama, Arizona, Arkansas, California, Florida, Georgia, Hawaii, Idaho, Illinois, Indiana, Iowa, Kansas, Kentucky, Louisiana, Maryland, Minnesota, Mississippi, Missouri, Montana, Nebraska, Nevada, North Carolina, North Dakota, Oklahoma, Puerto Rico, South Carolina, South Dakota, Tennessee, Texas, Utah, Virgin Islands, Virginia, Washington, and Wisconsin. If you’re flying to New York directly from any of these states, you must fill out a Traveler Health Form online at traveler.health.ny.gov and save your email confirmation so you can show it upon arrival. Paper forms will be available at the airport, but we recommend completing the form ahead of time. For more information, visit New York State’s website.

米国:入国規制

大統領令により、以下の各国から米国に渡航する旅行者に入国制限が施行されています。

  • ブラジル
  • 中国
  • ヨーロッパのシェンゲン圏(オーストリア、ベルギー、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、イタリア、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス、モナコ、サンマリノ、バチカン市国)
  • イラン
  • アイルランド共和国
  • 英国

上記の国から渡航される米国民、米国永住権保有者、または米国民の家族であるお客様は、米国国土安全保障省 (DHS) による入国審査が厳格化された空港から入国する必要があります。またCDCは、旅行者に米国入国後14日間の自己隔離を推奨しています。

直近14日以内に上記の国を訪れた米国民以外の方は、米国への入国または米国での乗り継ぎは認められません。

渡航先個別の入国制限を確認するには、旅行の制限ページでお客様の情報を入力してください。

メキシコ:渡航制限

メキシコに入国する渡航者には、記入済みの「Cuestionario de indentificacion de factores de riesgo en viajeros」フォームを到着時の入国審査で提出することが義務付けられています。このフォームは、afac.hostingerapp.comで入手が可能です。

Brazil: Travel restrictions

On July 29, 2020, Brazil lifted its coronavirus (COVID-19) entry regulations.

Travelers entering Brazil who are staying for a short time (90 days or less) must present proof of medical insurance coverage that is valid in Brazil for the duration of their stay in order to board their flight.

  • This does not apply to nationals and residents of Brazil.
  • This does not apply passengers traveling as students in Brazil.

エクアドル:渡航制限

エクアドル政府は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関連する規制を、入国するすべての旅行者に対して適用しています。必須のフォームへの記入に加えて、以下の条件が適用されます。到着時、旅行者は記入済みの健康調査票および入国審査用紙の提出と、同国への渡航7日以内に実施した新型コロナウイルス感染症のPCR検査において陰性を証明する文書を提示することが義務付けられ、PCR検査の陰性結果を所持していない場合は、到着時に当局による検査を受けることが必要です。すべての旅行者は、自宅または政府が認定したホテルにおいて、14日間(13泊)の自己隔離が義務付けられるため同国に少なくとも14日間(13泊)の滞在が必要となります。エクアドルの新型コロナウイルス感染症に関連する諸手続きの費用はすべて旅行者が負担するものとします。

  •  

    ご利用の国際線の目的地によっては、特別なお知らせおよびご案内があります。詳しくは、「海外旅行」のページをご覧ください。

    キューバ:渡航に関する規定の変更

    2017年6月16日より、米国司法管轄下のお客様は、人的交流を目的とした個人によるキューバへの渡航が禁止されます。キューバに入国あるいはキューバから出国するユナイテッドのフライトをご予約のすべてのお客様は、渡航が許可されているいずれかの指定カテゴリーに該当することを誓約する必要があります。米国市民がキューバへの渡航を許可されているカテゴリーについて詳しくは、米国財務省のキューバへの渡航に関するページをご覧ください。

    米国行きの国際線フライトのセキュリティ対策の強化

    米国国土安全保障省(DHS)では、通常の保安検査に加えて、米国行きの国際線全便においてセキュリティ対策を強化しています。大型電子機器、粉末、食品、本、雑誌などの日用品に対して追加で保安検査が行われる場合があります。TSAのウェブサイトに、持ち込みできるものとできないものの全一覧が掲載されています。

    大型電子機器:標準サイズのスマートフォンより大きい電子機器をお持ちの旅行者は、検査に備え、保護ケースや外部カバーなどから取り出せるようにしておいてください。ケースの取り外しにドライバーなどの特別な道具が必要な場合は、空港到着前に取り外しておくことをおすすめします。

    粉末状のもの: 粉状の物品およびそれに類するものは受託手荷物としてお預けください。DHSによると、通常の飲料缶のサイズ(350mlまたは12液体オンス)を超える粉状の物質の機内持込み手荷物および身のまわり品としての持ち込みが禁止される場合があります。

    セキュリティチェックの対象となった場合、許可された容量を超える粉状の物質は機内に持ち込みいただけません。粉状の物質には、コーヒー粉、紅茶、小麦粉、砂糖、香辛料が含まれます。ただし、乳幼児用の粉ミルクや医薬品、またご遺骨などは機内持ち込み手荷物としてお持ちいただけます。

    国によっては検査場でこのセキュリティチェックを行う際に、許容量を超える粉状の物質について没収および廃棄などのより厳しい対処を行う場合があります。

    到着時間:米国運輸保安局(TSA)は、セキュリティ対策の強化に対応して、時間に余裕を持ってフライト出発の3時間前までに空港に到着することを推奨しています。まずは空港のチェックインカウンターの営業時間をご確認ください。

    詳細はDHSのウェブサイトをご覧ください。個別のご質問については、TwitterまたはFacebook Messengerの@AskTSAまでお問い合わせいただくか、TSAカスタマーサービスをご利用ください。

    米国税関国境警備局による事前検査済みのフライトでのご旅行について

    以下に記載されている国際空港から米国に渡航される場合は、予定出発時刻の3時間以上前を目安に空港にご到着ください。これらの空港からのフライトは米国税関国境警備局による事前検査済みであり、出発前に追加の国境保安検査が行われますので、十分な時間の余裕を持ってお出かけください。米国にご到着の際は、米国内の国内線ターミナルに到着します。

    ユナイテッドは、下記の国際空港から、米国CBPによる事前検査済みのフライトを運航しています。アルバ(AUA)、バミューダ(BDA)、ダブリン(DUB)、フリーポート(FPO)、ナッソー(NAS)、シャノン(SNN)、エドモントン(YEG)、ハリファックス(YHZ)、オタワ(YOW)、モントリオール(YUL)、バンクーバー(YVR)、ウィニペグ(YWG)、カルガリー(YYC)、トロント・ピアソン(YYZ)。

    ESTAの承認

    先ごろ、電子渡航認証システム(ESTA)の申請手続きに一部変更があり、即時承認がご利用いただけなくなりました。米国のパスポートをお持ちでなくESTAが必要なお客様は、米国旅行のご予約時、または遅くとも出発の72時間前までに申請することをおすすめします。

  •  

    米国のID

    新型コロナウイルスにより、お客様の米国運転免許証または州発行のIDの有効期限が2020年3月1日またはそれ以降であり、州の運転免許局で更新できない場合、空港チェックポイントで以後も身分証明書として使用できます。TSAは、失効から1年、または非常事態の終了から60日後のうちいずれか遅い方まで、失効した運転免許証または州発行のIDの使用を認めます。

    REAL IDの施行

    2021年10月1日より、米国内線に搭乗するすべての旅行者は、REAL ID準拠の運転免許証、州発行の改良運転免許証、またはその他、有効なパスポートや米軍IDなど、使用が認められた身分証明書の提示が必要となります。使用が認められた身分証明書の全一覧はこちら

    使用が認められた身分証明書を提示できない場合、保安検査場を通過できません。

    REAL IDの施行の詳細およびよくあるご質問をご覧ください。

    シカゴオヘア国際空港の歩行者用トンネル閉鎖

    2020年5月28日より、シカゴオヘア国際空港のターミナル1、ターミナル2からメインパーキングエリア、CTAブルーラインの駅に接続する歩行者用トンネル4つのうちの2つが工事のため閉鎖されます。各所を結ぶその他のルートは引き続きご利用いただけます。案内に従ってお進みください。

    シンシナティ空港の保安検査場のオープン時間

    シンシナティ空港の保安検査場のオープン時間は、毎日午前3時30分から午後9時までです。ご利用便に遅延が発生している場合でも、保安検査場が閉鎖される前に余裕をもって通過していただけるよう、午後9時前に空港にお越しください。遅延便の出発に合わせた営業時間の延長は行っておりません。保安検査場が閉鎖されるとご利用便にご搭乗いただけなくなります。

    デンバー空港の工事

    デンバー空港メインターミナルのグレートホールで工事が行われているため、デンバー空港からご出発のお客様は、出発予定時刻の2時間前を目安に空港にお越しください。実施中の工事に伴い、通常よりチェックインに時間がかかる場合があります。また、工事用の仮設壁が設置され、レストランやショップのご利用が制限されます。ターミナル各所に方向案内が掲示されます。ご不明な点は係員にお尋ねください。詳細はデンバー国際空港のウェブサイトをご覧ください。

    デンバーでの手荷物のお預け

    デンバー国際空港(DEN)では、トランジットセンターおよび75番街で受託手荷物のお預けとチェックインを承る無料サービスをご提供しています。到着から搭乗まで手荷物なしで移動できる便利なサービスをご利用ください。

    • このサービスは、ユナイテッドの米国内線フライトが対象となります。国際線フライトは、手荷物のお預けサービスの対象外となります。
    • フライト出発の90分前までに手荷物をお預けください。
    • 発券カウンターに並ぶことなく、手荷物を預け、搭乗券を受け取ることができます。
    • このサービスは無料です。ただし、手荷物料金がかかります。手荷物料金はすべての受託手荷物カウンターでお支払いいただけます。
    • お座席を使用しない幼児をお連れのお客様は、発券カウンターでお子様の搭乗券を受け取る必要があります。

    トランジットセンターでの手荷物のお預け:トランジットセンターで手荷物を預け、搭乗券を受け取り、保安検査場を通過してからターミナルへ向かうことができます。

    • 所在地: トランジットセンター1階(ウェスティンの下)
    • 営業時間: 午前6時~午後6時(深夜0時までに出発するフライトが対象)

    75番街での手荷物のお預け:車に乗ったまま手荷物を預けてから駐車できます。係員がお客様の車から手荷物を下ろし、お客様のフライトチェックイン、搭乗券の印刷まで承ります。それから駐車場に停めて、手荷物なしでターミナルへ。ターミナル到着後は直接保安検査場へ向かってください。

    • 所在地: 75番街パイクピークス駐車場付近
    • アクセス:Peña Blvdから75番街に入り、Gun Club交差点を直進し、案内板に従って手荷物のお預けの列にお進みください。
    • 営業時間: 土~木 午前4時~午後4時、金 午前4時~午後7時

    羽田空港での所要時間

    羽田空港(HND)の空港拡張工事に伴い、受託手荷物の預け入れや保安検査のために時間に余裕を持って空港にお越しください。オンラインまたはユナイテッドアプリからの事前チェックインもぜひご利用ください。

    ヒューストン・インターコンチネンタル空港の工事および閉鎖

    1月6日より、ヒューストン/ジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港(IAH)にて新しい手荷物取扱施設の次期工事が開始されます。このため、空港付近の道路はいつもより混雑することが見込まれますので、時間に十分余裕をもってお越しください。

    また、ターミナルEも一時閉鎖中のため、お客様は直接ターミナルCへお越しいただき、チェックインをお済ませの上保安検査場へとお進みください。

    カンザスシティ空港での所要時間

    カンザスシティ(MCI)からご出発のお客様は、特に午前中はチェックインおよび保安検査に十分な時間の余裕を持ってお越しください。空港のチェックインカウンターは午前3時30分に、TSA保安検査場は午前3時45分にオープンします。

    ルイジアナ州ラファイエット地域空港での所要時間

    ラファイエット(LFT)からご出発のお客様は、チェックインおよび保安検査に十分な時間の余裕を持ってお越しください。空港のチェックインカウンターは午前3時30分に、TSA保安検査場は午前3時にオープンします。

    ロサンゼルスの交通情報およびタクシー・ライドシェアのご利用

    ロサンゼルス空港 (LAX) 付近で実施中の工事により、空港周辺で交通渋滞が発生しています。フライトの2時間前までに空港にお越しいただけるよう、時間に余裕をもってお出かけください。

    空港を出発するタクシーとライドシェアサービスの乗り場が新エリアLAX-itに移動しました。このエリアは手荷物受取所からシャトルをご利用いただくか、歩いてすぐです。詳しくはflylax.com/lax-itをご覧ください

    ニューヨーク・ラガーディア空港ターミナルBの最新情報

    2020年6月13日のニューヨーク・ラガーディア空港ターミナルBの到着/出発ホールの新規オープンに伴い、ターミナルBのTSA保安検査場から搭乗ゲートエリアまでは、徒歩で最大20分程度かかる場合があります。オープン日以降にターミナルBからご出発のお客様は、この移動時間を考慮に入れて、通常より早めに空港に到着するようご計画ください。

    フェニックス空港のターミナル変更

    フェニックス・スカイハーバー国際空港(PHX)のすべてのユナイテッド便の発着ターミナルが新しいターミナル3に変更になりました。

    サンフアンでの追加保安検査

    TSAが実施しているセキュリティ対策の強化の一環として、ルイス・ムニョス・マリン国際空港(SJU)では、水分のある食品または冷凍食品はすべて機内持込み手荷物から取り出して検査を行う必要があります。食品の機内持込みは許可されていますが、サンフアン空港からご出発のお客様は、保安検査に十分な時間の余裕を持ってお越しいただくか、保安検査を迅速に済ませるため水分のある食品または冷凍食品は受託手荷物としてお預けいただくことをおすすめします。このポリシーは標準の保安検査レーンに適用され、TSA Pre✓®レーンには影響ありません。

    コロラド州ベイルの工事

    イーグル郡地域空港(EGE)では現在工事が行われています。これに伴い、TSA保安検査場からゲートまでの距離が通常より長くなっています。この移動時間を考慮し、受託手荷物をお預けになる場合は出発時刻の45分前にはチェックインをお済ませください。

    ワシントン・ダレス空港の工事

    ワシントン・ダレス空港(IAD)では、発券カウンターの近くで工事を行っています。この工事に伴い、チェックインおよび手荷物の預け入れに通常より時間がかかる場合がありますので、早めに空港にお越しください。

    ワシントン・ナショナル空港の工事

    ワシントン・ナショナル空港(DCA)の工事によりターミナルBの前の車線が閉鎖されるため、空港道路の渋滞の発生が予想されます。空港への移動および空港からの移動につきましては、時間に余裕をもってご計画ください。車の乗降には、工事エリア外にあるターミナルガレージのご利用をご検討ください。最新情報については、flyreagan.com/ProjectJourneyをご覧ください。

    ノースダコタ州ウィリストン、空港の変更

    新しいウィリストン・ベイシン国際空港(XWA)が全航空会社の出発空港となりました。ウィリストンから出発する便をご利用の場合は、誤ってスローリン・フィールド国際空港(ISN)へ向かわないようご注意ください。新空港は旧空港の北西約15マイルに位置します。詳しくは空港のウェブサイトをご覧ください。

  •  

    次のご旅行に向けて、ユナイテッドクラブをご利用のお客様の健康と安全を最優先に考えた取り組みについてご確認ください

    ユナイテッドではほとんどのユナイテッドクラブとすべてのユナイテッド・ポラリス・ラウンジの営業を一時休止しております。最新の営業時間については、ユナイテッドクラブとラウンジの場所のページをご覧ください。営業時間およびご利用いただける施設は変更される場合があります。

  •  

    ​対象航空券:2020年3月3日~3月31日にユナイテッド航空のウェブサイトまたは予約センターで発券された航空券については、元の航空券の発券日から最大で24か月の間の旅程で、同額または同額以下のフライトに変更手数料なしで変更が可能です。2020年4月1日~2020年8月31日にユナイテッド航空のウェブサイトまたは予約センターで発券された航空券については、元の航空券の発券日から最大で12か月の間の旅程で、同額または同額以下のフライトに変更手数料なしで変更が可能です。

    新たなフライトの航空券代が元のものより高い場合、変更手数料はかかりませんが、差額をお支払いいただく必要があります。新たなフライトの航空券代が元のものより低い場合は、変更手数料はかかりませんが、差額の払い戻しはありません。

    変更/キャンセル:2020年3月3日から2020年3月31日の間に予約したフライトを変更またはキャンセルする場合、元の航空券の発券日から最大24か月間、変更手数料なしで新たな航空券に元の航空券の額を充当することが可能です。2020年4月1日~2020年8月31日に予約したフライトを変更またはキャンセルする場合、元の航空券の発券日から最大で12か月の間の旅程で、変更手数料なしで新たな航空券に元の航空券の額を充当することが可能です。変更またはキャンセルのお手続きは、航空券の旅行日より前に行う必要があります。

    対象運賃:ユナイテッド航空のウェブサイトまたは予約センターにて購入いただいた航空券の番号が016で始まる、すべての航空券、ユナイテッド航空のすべての運賃の種類、すべての目的地、すべての販売地点、販売対象のすべての旅行の日付が対象となります。

    その他:運賃、手数料、規約、およびキャンペーンは、予告なく変更される場合があります。座席数に制限がありますため、フライトや出発日によってはご利用いただけない場合がありますので、あらかじめご了承ください。一部の運賃はご購入後24時間が経過すると払い戻し不可となります。その他の制限が適用される場合があります。

 

  

キューバ:渡航制限

人道的フライトを除き、キューバ行きの便の運航を休止しています。