電子機器類のポリシー

携帯用電子機器類

ユナイテッド運航便では、小型で軽量の携帯用電子機器類(下記に明記)を非電波発信モードまたは「機内モード」でお使いいただけます。 携帯電話サービスは、出発前に必ずお切りください。 機内で機器類をお使いいただけるようになりましたら、客室乗務員のアナウンスでその旨ご案内をいたします。使用に関する一般的なガイドラインは次のとおりです:

  • 米国50州内(米国領土を含む)では、認められている小型で軽量の携帯用電子機器類は非電波発信モードで常時お使いいただけます。
  • 米国-米国外、米国-米国領土の間では、当該の外国または領土の離着陸時を除き、認められている機器類をお使いいただけます。フライト全体を通じて認められている機器類を使用できる場合は、客室乗務員のアナウンスでその旨をご案内いたします。
  • 米国外では、高度10,000フィートを超えましたら、認められている機器類をお使いいただけます。フライト全体を通じて認められている機器類を使用できる場合は、客室乗務員のアナウンスでその旨をご案内いたします。

一部の電子機器類は、航空機の航法計器に軽微な妨害を与える可能性があります。 このため、状況によっては、乗務員が皆様にすべての機器類の電源を切るようお願いする場合があります。 緊急時の準備中には、必ずすべての機器類の電源を切り、収納してください。

携帯電話サービスをお使いいただけるのは、客室の扉が開いている場合、または客室乗務員がその旨ご案内した場合のみです。 ポケットベルは、メッセージ受信には常時お使いいただけます。

お持ちの電話、タブレット、その他個人の電子機器が座席装置または機材の手が届きにくいところに引っかかったり誤って入ってしまった場合は、身の安全を守るとともに機器を安全に取り戻せるように、以下の手順に従ってください。

  • すぐに客室乗務員にお知らせください。
  • 座席装置または機材の構造を変えないでください。 フルフラットシートの座席の場合は、コントロールパネルを操作しないでください。 客室乗務員がお手伝いいたします。
  • united.com/lobにアクセスして、紛失届を入力してください。

お使いいただける機器類:

  • 電子ゲーム機
  • パソコン(高度10,000フィートを超えましたらお使いいただけます)
  • エンターテイメントプレーヤー
  • 音声やビデオのレコーダー類(テープ/CD/MD/MP3プレーヤー、ビデオカメラなど)
  • 電卓
  • 電気かみそり(化粧室内に限りご使用いただけます)
  • カメラ
  • 機内のノートパソコン用電源ポート(高度が10,000フィートを超えましたらお使いいただけます)

機内の電源でご利用いただける最高電圧は、50~75ボルトアンペアです。

機器を使ってご視聴になる場合は、周りのお客様にご迷惑にならないよう、ヘッドホンをご使用ください。

お使いいただけない機器類:

  • 個人用空気清浄機(バッテリー式および電源コード式)
  • 電子タバコ及び個人吸入器
  • 個人用加湿器(バッテリー式および電源コード式)
  • ヘアドライヤー、ボトルウォーマー、カーリングアイロンなどの加熱装置
  • テレビ
  • ラジオの受信機および送信機
  • 無線操縦玩具などの無線通信機能を持つ玩具など

シートバックDIRECTV®および座席背面のオンデマンド・エンターテイメントを備えた機材では、当該航空機がタクシング(地上移動)および離着陸を行っている間もヘッドホンをお使いいただけます。

補聴器やペースメーカーなどの医療器具は、使用制限の対象外となります。 その他の医療補助器具については、「​特別なリクエスト​」のページをご覧ください。

携帯用電子機器類のポリシーに関する、よくある質問

  • 小型で軽量の機器は、お客様が手にお持ちになるか、座席背面ポケットに入れるか、収納する必要があります。 ノートパソコンなどの大型電子機器は、離着陸中は頭上収納棚または認められた収納場所にしっかりとしまう必要があります。

  • 視界が悪い中での着陸時など、状況によっては、機長からすべての機器類の電源を切るようお願いする場合があります。 客室乗務員の指示は常にお聞きになり、それに従ってください。

  • いいえ、このポリシーが適用されるのはユナイテッド運航便のみです。

  • いいえ、このポリシーはノートパソコンやDVDプレーヤーには適用されません。これらの機器は乗務員のアナウンスがあった場合にのみお使いいただけます。

  • 衛星Wi-Fiを搭載した当社機材では、今のところ高度10,000フィートを超えた場合にのみ、Wi-Fiをお使いいただけるように設定されています。 しかしながら、将来的に出発から着陸までWi-Fiを提供する方法を検討しています。

携帯用電子機器は、受託手荷物として輸送することもできますが、機内持込み手荷物としてお持ち込みいただくことをおすすめします。 機器に装填できるリチウムバッテリーは、100ワット時までです。 また、リチウム含有量が2グラムを超えるリチウムメタルバッテリーを装填することもできません。 すべての機器は、偶発的にスイッチが入るのを防ぐため、休止モードやスリープモードではなく完全に電源をオフにしてください。

使用していない予備のバッテリーはすべて機内持ち込み手荷物に入れてください。

写真およびビデオ

写真およびビデオがお客様の個人的なイベントを撮影する目的である限り、小型カメラまたは写真・ビデオ撮影用のモバイル端末を機内でご使用いただけます。 他のお客様または乗務員の撮影または録音は、その承諾がない限り禁じられています。

電池式の道具(工具)類

ユナイテッドでは、電池式の道具(工具)をお持ち込みいただけます。 稼動しないように設定されていれば、バッテリーを外す必要はありません。

リチウムイオンバッテリー式の道具(工具)は、バッテリーが100ワット時を超えない限りお持ち込みいただけます。 予備のリチウムバッテリーのお預かりに関しましては、「危険物」のページをご覧ください。 詳細は、DOTのウェブサイトおよびFAAのウェブサイトでもご覧いただけます。

電子タバコおよび個人吸入器

電子タバコ及び個人吸入器は受託手荷物もしくはゲートでの預け手荷物としてお預かりすることはできません。 これらの品目は機内持ち込み手荷物に収納していただく、ご渡航中は携帯していただく必要があります。ただし、ユナイテッド航空では機上やユナイテッドクラブでの電子タバコおよび個人吸入器の使用や充電を禁じております。

ホバーボード

お客様および従業員の安全を考慮し、ホバーボードは受託手荷物や機内持ち込み手荷物に含めることはできません。

広告

MileagePlus Mall
MileagePlus Diners Club First Card