セキュアフライト

Secure Flight(セキュアフライト)とは、運輸保安局(TSA)が一貫した監視リスト照合をするために開発されたプログラムです。 セキュア・フライト・プログラムでは、警戒リストの照合作業を改善して、米国内および国際線の民間航空機のセキュリティを強化することを目的としています。

  • このセキュアフライトによって一般乗客にはどのような影響があるのですか。

    TSAのセキュアフライトプログラムに準拠するには、次の情報をご提供いただくことと、その情報がご旅行に使用する政府発行の写真付き身分証明書のものと一致している必要があります。

    • フルネーム(政府発行のIDに表示されている名前)
    • 生年月日
    • 性別
    • リドレス番号(Redress number、該当される方のみ)
    • Known Traveler番号(該当される方のみ)

    ユナイテッド航空はこの情報をTSAに伝達し、No Fly List(航空機を利用できない人物リスト)に記載の人物が旅客機に搭乗することを防止するためにTSAが監視リストとの照合を行い、審査強化のための候補者リストの人物を特定します。

    プロフィールの更新

  • 「セキュアフライト」プログラムを導入する利点は何ですか。

    セキュアフライトは、一般の旅行客の皆様にさまざまな利点があります。 まず、セキュアフライトでは、管理リストの機密データが保護されます。 このプログラムによって、当局関係者はセキュリティ脅威を事前に対応し、民間航空機を危険から守ることができます。 1つの監視リスト照合システムを導入することで、全航空会社に公平で一貫した照合プロセスが適用され、一般の旅行客の皆様が危険人物と誤認される可能性を減らします。 セキュアフライトでは、救済プロセスも改善されており、監視リストの人物と誤認されてしまった方でも、再び誤認されることのないように取り計らっています。

乗客のプライバシー保護

乗客の一人一人の個人情報の保護は、「セキュアフライト」プログラムの要となっています。 TSAでは、効果的な監視リスト照合に必要最低限の個人情報のみを収集しています。 さらに、個人情報は、厳格な指針と適用されるすべてのプライバシー法や規制に準拠して収集、使用、配信、保管、破棄しています。 ユナイテッドでは、ユナイテッドのプライバシーポリシーの記載に基づいてセキュアフライト情報を使用する場合があります。 お客様は、これらの目的でのセキュアフライト情報の使用に同意したものと見なされます。

救済措置 - 監視リストの人物と誤認されてしまっていると思われる方へ

監視リストに入っている名前と誤って照合されてしまった方は、米国国土安全保障省の渡航者異議申立てプログラム(DHS TRIP)に救済措置を申請することができます。 セキュアフライトでは、監視リスト照合プロセスで救済プロセスの結果も使用しますので、監視リストに入っている名前と似た名前を持つ乗客の皆様が再び誤認されることのないように取り計らっています。 救済プロセスについて詳しくは、米国国土安全保障省の渡航者異議申立てプログラム (DHS TRIP) ページをご覧ください。

Known Traveler番号 - Trusted Travelerプログラムの会員番号

Global Entry、SENTRI、NEXUSを含む米国国土安全保障省のTrusted Travelerプログラムの会員である場合、会員番号を提示して自己証明し、監視リスト照合時に人物誤認が起きる可能性を事前に防ぐことができます。 Trusted Travelerプログラムの会員には会員番号、PASS IDがTrusted Travelerプログラム登録の一環として割り当てられます。 お客様には、Known Traveler番号欄にPASS IDを入力してご自分のプロフィールを更新することをお勧めします。 この番号はご予約情報に含められ、TSAのセキュアフライトシステムに渡され、スクリーニング検査前処理で勘案されます。

「セキュアフライト」プログラムについて詳しくは、TSAのウェブサイトをご覧ください。

よくあるご質問

ここでは、「セキュアフライト」プログラムに関してよくあるご質問とその回答をまとめています。

  • ご予約時にご提供いただいたお名前は監視リスト照合システムで使用されますが、この時点では搭乗券は発券されていないため、搭乗券のお名前にわずかな不一致があってもご旅行には影響ありません。 ご予約時にセキュアフライトに提供されるお名前は、ご旅行時に携帯される政府発行の身分証明書と一致していることをご確認ください。 一部の若年のお客様は、米国内でのご旅行中のID持参を求められません。 これらの例外について詳しくはこちらをご覧ください

  • セキュアフライトのデータは、出発予定時刻の72時間前にTSAに送信されます。 72時間前を過ぎてからセキュアフライト情報が追加または変更された場合は、直ちにデータが更新され、送信されます。 これには、出発予定時刻の72時間前を過ぎてからご予約いただいた場合のデータも含まれます。

  • はい。 ユナイテッド航空の航空券を予約販売する旅行代理店の皆さまには、お客さまから必要な情報を収集していただくことになります。 現在、旅行業界では、旅行代理店と航空会社の間で「セキュアフライト」プログラムで求められる旅客情報を転送することができるよう、システムのプログラミングをアップグレード、標準化しています。

プライバシーポリシー:

運輸保安局(TSA)は、49 U.S.C.セクション 114、Intelligence Reform and Terrorism Prevention Act of 2004(2004年の情報改革およびテロ予防法)、および49 C.F.Rパート 1540および 1560に基づき、保安審査の目的でお客さまにフルネーム、生年月日、および性別の提示をお願いしております。 救済番号をお持ちの場合はあわせてご提示ください。 フルネーム、生年月日、および性別をご提示いただけなかった場合は、搭乗ゲートへの立ち入りを禁止させていただくことがあります。 TSAは、記録通知システムの公表に基づいて、お客さまからご提示いただいた情報を法執行機関、情報機関、またはその他の機関に提供する場合があります。 TSAプライバシーポリシー、または記録通知システムおよびプライバシー影響評価について詳しくは、TSAウェブサイト(www.tsa.gov)をご覧ください。

ユナイテッドのプライバシーポリシーをご覧ください。

広告

MileagePlus Mall
Saison