危険物

連邦法により、危険物に指定されている品目は、機内にお持ち込みいただけないだけでなく、受託手荷物としてお預けになることもできません。 爆発物、高圧ガス、酸化性物質、腐食性物質、引火性物質(液体、固形物)、銃弾入りの銃器、放射性物質、有害物質などが、危険物として指定されています。

また、ペンキ、催涙ガス、ライター用の燃料、酸素ボンベ、花火なども禁止品目に含まれています。

デオドラント、ヘアスプレー、爪やすり、香水、特定の薬などの身のまわり品は、数量制限の範囲内であれば、機内持ち込み手荷物に入れることができます。 機内持ち込み手荷物に入れる場合は、1容器につき3オンスまでとし、容量1クォートの透明な袋に入れてください。 受託手荷物では、1容器につき16オンス、または乗客1名様あたり合計70オンスを超えないようにしてください。

危険物についての詳細は、FAAのPack Safeのページおよび米国運輸省のWhat Can I Bring?Safe Travelのページをご覧ください。

  • 100ワット時までのリチウムバッテリーを装着した雪崩用パックは、機内持ち込み手荷物および受託手荷物に入れることができます。 雪崩用パックを受託手荷物として預け入れる場合は、バッテリーを取り外してください。 取り外したリチウムバッテリーは手荷物として機内への持ち込みが可能です。 パックはユナイテッドの係員による検査と承認を受けてからでないとお預かりすることができません。

    区分1.4s(火薬類)および二酸化炭素を含む雪崩用パックは、機内持ち込み手荷物および受託手荷物に入れることができません。

  • AA-9V、AAA、C、Dアルカリ、炭素亜鉛、酸化銀、リチウム、リチウムイオン、ニッケル水素電池は、ショート(短絡)を防ぐために絶縁袋に入れられている場合に限り、機内持ち込み手荷物および受託手荷物に入れることができます。

    リチウムバッテリー

    100ワット時を超えないリチウムバッテリーを装填したパーソナルデバイス(電子タバコおよび個人吸入器を除く)は、機内持ち込み手荷物および受託手荷物に入れることができます。 受託手荷物に収納するリチウムバッテリーは、バラバラにならないようしっかり固定してください。固定されていない場合はお預かりできません。 機内持ち込み手荷物内の予備のリチウムバッテリーは、それぞれショート(短絡)を防ぐために端子を保護する必要があります。 端子を保護するには、各バッテリーを個別に元の商品梱包に入れ、別々のプラスチック袋または保護用袋に入れるか、剥き出しの端子にテープを貼って絶縁してください。 予備のバッテリーは、硬貨、鍵、宝石類などの金属に接触しないようにしてください。また、バッテリーの破損、破裂、バッテリーに対する加圧を避けるため、適切な対策を講じてください。

    ほとんどの場合、機内持ち込み手荷物に入れることができる大型のリチウムバッテリー(100ワット時超160ワット時以下)は2個までです。また、端子を覆うか絶縁する必要があります。 移動補助器具のお持ち込みについては、「特別なリクエスト」のページをご覧ください。

    機内持込み手荷物をゲートで預ける場合は、リチウムバッテリーおよび充電池を取り除く必要があります。

    リチウムバッテリーに関する最新情報については、米国運輸省のSafe TravelのページおよびFAAのウェブサイトをご覧ください。

    以下の娯楽用の自走式車両、ホバーボード、人が乗って走れるスーツケース型の電動バイク のセクションをご覧ください。

    電子タバコおよび個人吸入器に関する情報は、以下のライター、マッチおよび電子タバコのセクションをご覧ください。

    日本発着のご旅行

    ​国土交通省(MLIT)では、バッテリーおよびバッテリー式の機器に関する追加の制限を設けています。 詳しくは、国土交通省の英語版ウェブサイト (PDF: 78KB) または国土交通省の日本語版ウェブサイト(PDF:593KB) をご覧ください。

  • キャンピングストーブなどの燃料を含むキャンプ用品は、残余燃料の恐れがあるため、受託手荷物や機内持ち込み手荷物に入れることができません。 詳しくは、「スポーツ用具」のページをご覧ください。

  • 催涙スプレーおよびトウガラシスプレーは、受託手荷物や機内持ち込み手荷物に入れることができません。

  • ドライアイスのお持ち込みについては、「貴重品、壊れやすいもの、傷みやすいもの」のページをご覧ください。

  • 液体窒素は、受託手荷物や機内持ち込み手荷物に入れることができます。 ただし、感染性の物質などの危険物とみなされる品目とともに入れることはできません。

  • 花火、火薬、照明装置、照明弾、およびクラッカーなどの火薬を使用した玩具は、受託手荷物や機内持ち込み手荷物に含めることはできません。

  • 銃器のお持ち込みの詳細については、「スポーツ用具」のページをご覧ください。

  • チェーンソーやガソリン式の草刈機といったガソリン式の道具や機器は、新品である場合、燃料源が取り外してある場合、燃料処分が行われている場合を除き、手荷物に入れることができません。 燃料処分が行われた場合には、燃料処分を実施した会社が発行した燃料除去済みの旨の文書を、加熱機器に添付する必要があります。

  • 家庭用品には、可燃性または腐食性のものがあります。 漂白剤、排水溝用洗剤、エポキシ樹脂、燃料、ジェル燃料、接着剤、殺虫剤、一部のペンキ類、トーチライター、スプレー式洗濯のり、ロウマッチ、一部のスプレー類は、受託手荷物や機内持ち込み手荷物に入れることができません。 個人の身だしなみ用に使用するスプレー缶は、受託手荷物に入れる場合は1容器あたり16オンスまで、機内持ち込み手荷物に入れる場合は1容器あたり3オンスまでとします。

  • お客様および従業員の安全を考慮し、娯楽用の自走式車両または、リチウムイオン電池を使用した電動モーターで駆動する1人以上の人間または物を運ぶための装置は、受託手荷物や機内持ち込み手荷物に入れることができません。

    対象となる装置や車両には次のものが含まれますが、これらに限りません:

    • ホバーボード、エアボード、スケートボードなどのスマートバランスホイール/ボード
    • ナインボットなどのセルフバランスの車輪付きデバイス
    • e-bikeなどの電動アシスト自転車
    • 車輪付きの車両またはモーターサイクル
    • 電動スクーター
    • 人が乗って走れるスーツケース型の電動バイク
  • ユナイテッド航空では、お客様1名あたり二酸化炭素(CO2)で浮袋を膨らませる自動膨張式ライフジャケット1着までを、受託手荷物または機内持ち込み手荷物としてお預かりいたします。 CO2カートリッジは受託手荷物に入れてください。

    ライフジャケットに関する制限:

    • ライフジャケット用の非引火性小型ガスボンベは2個まで、小型カートリッジは2個までお持ち込みいただけます。
    • ライフジャケットに照明装置や照明弾が装着されているものは持ち込み禁止品目の対象であるため、あらかじめ照明弾を取り外しておいてください。取り外しのないものについてはお持ち込み禁止となります。

    特定の品目に関するご質問などは、ユナイテッド航空貨物までお問い合わせください。

  • 運輸保安局(TSA)では、一般的なライターを機内持ち込み手荷物に入れることを許可しています。 トーチライターを機内持ち込み手荷物に入れることは禁じられています。 詳細は米国運輸省(DOT)のウェブサイトをご覧ください。

    電子タバコ及び個人吸入器は受託手荷物もしくはゲートでの預け手荷物としてお預かりすることはできません。 これらの品目は機内持ち込み手荷物に収納していただく、ご渡航中は携帯していただく必要があります。ただし、ユナイテッド航空では機上やユナイテッドクラブでの電子タバコおよび個人吸入器の使用や充電を禁じております。

    中国北京発のフライト

    中国北京発のフライトでは、マッチおよびライターを受託手荷物および機内持ち込み手荷物に入れることは一切禁止されています。

    日本発のフライト

    日本ではライターの持ち込み制限がさらに厳しくなっております。 日本国土交通省 (MLIT) では、日本を出発するすべての国際線において喫煙用ライターの機内持ち込みをお一人様1個に制限しています。また、オイルライターの持ち込みおよび受託手荷物での取扱いはできません。 ただし、燃料が吸収材に吸収されているライターについては持ち込みが許可されています。 詳しくは、国土交通省の英語版ウェブサイト (PDF: 78KB) または国土交通省の日本語版ウェブサイト(PDF:593KB) をご覧ください。

  • 移動補助器具のお持ち込みの詳細については、「特別なリクエスト」のページをご覧ください。

  • インスタント食品(MRE)は、発熱の恐れがあるため、受託手荷物または機内持ち込み手荷物に入れることができません。

  • 450psi未満のタンクは、受託手荷物や機内持ち込み手荷物に入れることができません。 450psi以上のタンクは、圧力調整弁が完全にシリンダーから外され、タンクが密閉されていない状態であれば、受託手荷物または持ち込み手荷物としてお持ちいただけます。 タンクが密閉されている場合は、圧力計の目盛表示にかかわらず、受託手荷物または機内持ち込み手荷物としてお持ちいただくことが禁じられています。

    スキューバダイビング用品の詳細については、「スポーツ用品」のページをご覧ください。

  • お客様および従業員の安全を考慮し、自動でバランスを取る乗り物は受託手荷物や機内持ち込み手荷物に含めることはできません。

  • 緩衝装置には、圧縮ガスが入っている可能性や、ガスやガソリンが残留している可能性があるため、受託手荷物または機内持ち込み手荷物に入れることができません。

  • 2018年1月15日より、お客様および従業員の安全確保のため、取り外し不可能なリチウムバッテリーを搭載したスマートバッグはユナイテッドまたはユナイテッド・エクスプレス便にはお持ちいただけません。

    スマートバッグはさまざまな機能を備え、充電のための一体型リチウムバッテリーを搭載したハイテクスーツケースです。

    スマートバッグには次のような機能があります。

    • USB充電
    • BluetoothおよびWi-Fi接続
    • RFID
    • GPS追跡
    • 電子ロック

    リチウムバッテリーの取り扱いには特別な扱いと注意が必要となるため、受託手荷物としてお預かりすることはできません。

    7月9日より、受託手荷物および機内持込み手荷物に搭載されたリチウムバッテリーは事前に取り外していただくことが必要になります。 取り外したリチウムバッテリーは手荷物として機内への持ち込みが可能です。

    人が乗って走れるスーツケース型の電動バイクはユナイテッドのすべてのフライトで受託手荷物または機内持ち込み手荷物として輸送することはできません。 詳細については、上記の「娯楽用の自走式車両、ホバーボード、人が乗って走れるスーツケース型の電動バイク」セクションをご覧ください。

  • 動力源が取り外されている場合に限り、スタンガンを受託手荷物としてお預けいただくことはTSA(運輸保安局)により認められています。 スタンガンを機内持ち込み手荷物に入れることは禁じられています。

  • テーザー銃は、受託手荷物や機内持ち込み手荷物に入れることができません。

広告

MileagePlus Diners Club First Card