機内持ち込み手荷物

機内持ち込み手荷物ではなく、受託手荷物をお探しですか?

安全に関するお知らせ

2018年7月9日より、受託手荷物および機内持込み手荷物に搭載されたリチウムバッテリーは事前に取り外していただくことが必要になります。 取り外したリチウムバッテリーは手荷物として機内への持ち込みが可能です。 バッテリーの取り外しが不可能なスマートバッグは、ユナイテッドまたはユナイテッド・エクスプレスのフライトではご利用いただけません。

ほとんどの場合、機内持込み規定フルサイズの手荷物1個と身のまわり品1個まで機内への持ち込みが可能です。これらに料金はかかりません。 大西洋横断路線では、ベーシックエコノミーでも、両方とも機内にお持ち込みいただけます。 その他すべての路線のベーシックエコノミー航空券では、機内にお持ち込みいただけるお荷物は身のまわり品1個のみとなります。ただし、プレミア会員または対象のマイレージプラス提携クレジットカードをご利用のカード本会員を除きます。1 それ以外のお客様は、ベーシックエコノミー航空券でご旅行の場合、機内持込み規定フルサイズの手荷物を搭乗口までお持ちになると、受託手荷物としてお預けいただく必要があり、所定の受託手荷物料金と、搭乗口での手荷物取扱料金25米ドルがかかります。 お支払いはクレジットカードのみ承ります。

ご搭乗手続きを円滑に行うため、機内持ち込み手荷物の大きさが以下のサイズ制限内であり、頭上の荷物入れ、または前の座席の下に収納可能であることを必ずご確認ください。

ユナイテッド・エクスプレスが運航するフライトに関し、機内持込み手荷物に関する追加のガイドラインがございます。

機内持ち込み手荷物

機内持ち込み手荷物は、持ち手や車輪を含めて、3辺が各22cm×35cm×56cm(9インチ×14インチ×22インチ)以内とします。

身のまわり品

身のまわり品は、ショルダーバック、ハンドバッグ、ノートパソコン用バック、その他の小さい品物など、3辺が各22cm x 25cm x 43cm(9インチ×10インチ×17インチ)以内、前の座席下に収まるサイズとします。 ベーシックエコノミー航空券でご旅行のお客様が機内にお持ち込みいただけるのは、身のまわり品1個のみとなります。

Any item larger than the carry-on baggage size and any item above the carry-on and personal item allowance will be checked to your final destination, and checked baggage service charges may apply.

Bag sizers are available in the check-in area, so you can double check the size of your items once you get to the airport.

You're also allowed to bring the following items on board, in addition to your one bag and one personal item limit2:

  • Jacket or umbrella
  • Reading material
  • Food or merchandise purchased in the airport
  • Assistive devices (collapsible wheelchair, cane, one set of crutches, medical devices needed to administer prescription medications, portable oxygen concentrator, etc.)
  • FAA-approved child restraint system or safety seat
  • Diaper bag
  • Camera
  • Breast pump
  • Pet carrier (service charges apply for in-cabin pets)

機内持ち込み手荷物の許容サイズや、手荷物1個と身のまわり品1個の数量制限を超える品目につきましては、最終目的地まで受託手荷物としてお預かりします。この場合、受託手荷物手数料が適用される場合があります。

チェックインエリアには荷物サイズ測定器がございます。空港にご到着の際は、手荷物および身の回り品のサイズを再度ご確認ください。

なお、手荷物1個と身のまわり品1個に加え、以下の品目も機内にお持ち込みいただけます。2

  • コートや傘
  • 読み物
  • 空港内で購入された食料や商品
  • 補助器具(折り畳み式車椅子、ステッキ、松葉杖、処方薬投与のための医療器具、ポータブル酸素濃縮器など)
  • FAA認可のお子様用機内シートベルトまたはチャイルドシート
  • おむつ用バッグ
  • カメラ
  • 搾乳器
  • ペット運搬容器(ペットの機内持ち込みにはサービス料金が適用されます)
 

壊れやすいものや取り扱いの難しいものなど、受託手荷物としてお預けになれない手荷物は、専用の座席をご購入いただくことで、機内にお持ち込みいただけます。 これらの品物は機内に持ち込み、座席に載せて運ぶことができます。 詳細は機内持ち込み手荷物ページをご覧ください。

  • 米運輸保安局(TSA)により、旅行者1名につき3.4オンス(100ml)以下の容器に入れた液体、ジェル、スプレー類を、縦19.1cm×横20.3cm程度の透明な密閉式の袋に収納して持ち込むことが許可されています。

    国際線で米国に入国し、別のフライトにお乗り継ぎのお客様は、免税品として購入された3.4オンス(100 mL)を超える液体物を機内持ち込み手荷物として客室内に持ち込むことが許可されています。 これは、免税店でお買い上げになり、安全性を保証できる開封明示機構付きのバッグに入っていて、その袋に損傷がなく、なおかつTSA係官の検査を正常に通過した場合にのみ適用されます。 スキャンは、不透明なボトル、セラミック製ボトル、金属製ボトルなどの容器に入った液体には有効でない場合があります。 検査を行えず、検査にパスしなかった液体は、機内持ち込み手荷物に入れたままにできません。 お客様はこれらの品を受託手荷物に入れるか、廃棄されるかをお選びになれます。

    液体、ジェル、スプレー類に関する規制は、国によって異なります。 具体的な情報については、ご利用になる出発空港のウェブサイトをご覧ください。

    TSA検査に関連する液体の機内持ち込みと、その他の機内持ち込み手荷物規定については、TSAセキュリティチェックポイントガイドラインのページをご覧ください。

  • 粉状の物品およびそれに類するものは受託手荷物としてお預けください。 TSAにより、米国へご旅行のお客様は12液体オンス(350ml)を超える粉状の物質の機内持込みが禁止されています。ただし、粉末状の医療用のお薬や乳幼児用の粉ミルク、ご遺骨、また免税店でお買い上げになった開封明示機構付きのバッグに入った粉末などはお持ち込みが可能です。

    詳細はDHSのウェブサイトをご覧ください。 個別のご質問については、TwitterまたはFacebook Messengerの@AskTSAまでお問い合わせいただくか、TSAカスタマーサービスをご利用ください。

  • 機内へお持ち込みいただける手荷物のうち、バイオリンやギターなどの小さな楽器につきましては、ご搭乗の際にハードケースに収納し、頭上の荷物入れ、または前の座席の下に収納可能である場合のみ機内へのお持ち込みが可能です。

  • 提携航空会社のリージョナル機運航によるユナイテッドエクスプレスのフライトでは、ユナイテッドの主要路線での運行機より小型の機材が使用されています。 ユナイテッドエクスプレスの機材では、ほとんどの場合、機内持ち込み手荷物用の頭上の棚は小さめのつくりとなっており、キャリーバッグや大型の機内持ち込み手荷物を収納できません。 そのため、上記の荷物をお持ちのお客様は、搭乗前にゲートで手荷物をお預けいただく必要があります。

    上記の荷物に関しましては、搭乗ゲートの係員が緑のタグを付け、搭乗時に手荷物係員が預かり手荷物として機内への積み込みを行います。 手荷物受取所ではなく、ご到着後すぐに機材の横で、緑のタグが付いた手荷物をお受け取りください。 EMB170、EMB175、CRJ-700の機材では頭上の棚のスペースに余裕がございますので、キャリーバッグや大型の手荷物を機内にお持ち込みいただくことが可能です。

    ユナイテッドエクスプレスのフライトをご利用の場合、お薬など、ご渡航中お使いになる可能性のある物品につきましては、小型の機内持ち込み用バッグに入れて携行してください。 個人吸入器および電子タバコも、同様に小型の機内持ち込み手荷物に入れてください。これらの品目は受託手荷物もしくはゲートでの預け手荷物としてお預かりすることはできません。

    機内持ち込み手荷物の許容サイズや、手荷物1個と身のまわり品1個の数量制限を超える品目につきましては、主要路線と同様、最終目的地まで受託手荷物としてお預かりします。 受託手荷物手数料が適用される場合があります。上記の品目は手荷物受取所でお受け取りください。

    注記: EMB 145やCRJ-200などの50席の航空機では、頭上の棚のスペースに限りがあるため、機内持込み標準サイズの手荷物1個はゲートで無料でお預かりし、身のまわり品1個を機内にお持ち込みいただけます。 2個目の手荷物は、身のまわり品と合わせて、出発ゲートにある身のまわり品サイズ計測器に収まる場合に限りお持ち込みいただけます。

機内持ち込み用バッグを割引料金でご購入いただけます

TumiとSamsoniteは、マイレージプラス会員のお客様に限り、承認済みの機内持ち込み用バッグの優待割引を行っています。

ご購入はこちら

補足情報

  • 対象となるには、チェックインの時点で対象となるChase発行ユナイテッドマイレージプラス提携クレジットカードの本会員であり、対象のクレジットカードで航空券を購入されていることが必要です。
  • 大西洋横断路線以外のフライトのベーシックエコノミー航空券の場合は身のまわり品1個のみとなり、機内持込み規定サイズの手荷物はお持ち込みいただけません。 ベーシックエコノミー航空券でご旅行の場合、お手荷物は搭乗口でチェックされ、機内持込み規定フルサイズの手荷物には該当の受託手荷物料金と、搭乗口での手荷物取り扱い料金25米ドルがかかります。

広告

MileagePlus Diners Club First Card