機内持込みのペット

機内に持ち込み可能なペットを教えてください。

飼いならされた愛玩用の猫、犬、うさぎ、小鳥(バタンインコを除く)を機内にお持ち込みいただけます。 機内持ち込みのペットに品種の制限はありません。

ペットの機内持ち込みは、ユナイテッドの一部のフライトでご利用いただけます。ハワイおよび世界のいくつかの都市を離着陸または経由する一部のフライトでは、ペットを機内に持ち込むことはできません。

ご注意: 介助用動物に関する手続きは、ペットの機内お持ち込みに関する通常の手続きとは異なります。 お身体の不自由なお客様で、介助用の動物が必要な場合は、訓練を受けた介助用動物(感情支援および精神的支援動物を含む)を機内にお連れいただけます。 詳細については、介助用動物セクションをご覧ください。

ペットの機内持ち込み時に必要な書類と要件

ペットは大切な家族の一員です。 ペットならびに他のお客様の安全を確保するために、いくつかの重要な規則に従っていただく必要があります。 ご質問はユナイテッドお客様相談センター(電話:1-800-UNITED-1/1-800-864-8331)までお問い合わせください。

  • 米国およびその他の国と地域の入国手続きに必要な書類はすべて、お客様の責任においてご用意ください。
    • 米国内を旅行する際には、健康証明書(獣医師にご依頼ください)とペットの最近の狂犬病ワクチン接種の証明書類を所持することをお勧めします。
    • 米国外を旅行する際には、以下の「海外旅行」セクションをご覧ください。 また、米国外から米国に渡航される場合は、以下の「米国に入国する犬と猫を対象とする健康診断の申告およびワクチン接種の条件」セクションをご覧ください。
  • 輸送前に生後4か月(16週間)を経過している必要があります。
  • 一人旅のお子様はペットをお連れになることはできません。
  • 追加のペットの機内持込みをご希望の場合、ペット用の追加の航空券を購入し、片道125米ドルの追加料金をお支払いいただく必要があります。 ペットは常に、座席下の床に置いてください。
  • ペットがケージに収まらない場合、ペットセーフプログラムに従ってご搭乗いただく必要があります。
  • ペットは、飼い主のお客様と同じフライトで移動する必要があります。
  • ペットは、緊急時の酸素サービスをご利用いただけません。

機内にペットをお連れになる場合は、指定のケージ(ハードケージまたはソフトケージ)を使用する必要があります。 ケージは、前の座席の下に完全に入るサイズのものをご用意ください。また、ケージは常に前の座席の下で保管してください。 ハードケージの最大寸法は長さ17.5インチ×幅12インチ×高さ7.5インチ(44 cm×30 cm×19 cm)です。 推奨されるソフトケージの最大寸法は長さ18インチ×幅11インチ×高さ11インチ(46 cm×28 cm×28 cm)です。 こちらの寸法より若干大きめのソフトケージの場合、折りたたみ式で通路を塞ぐことなく座席の下に格納できるサイズである必要があります。 ボーイング737 MAX9型機では、ソフトケージの高さは25cm(10インチ)より低い必要があります。 鳥以外のペットは、1つのケージにつき1匹のみとさせていただきます。お連れのペットがケージの中で無理なく立ったり向きを変えたりできるよう、十分な余裕を確保してください 鳥は1つのケージに2羽入れることができます。

機内持ち込みのペットのご予約

ペットを機内に持ち込む場合は、ペットの同伴を事前にお知らせいただく必要があります。ご予約の際、またはunited.comのご予約内容の管理でその旨をお知らせいただけます。

ご注意: ユナイテッドの定めるペットの機内持ち込み規定は、ユナイテッドおよびユナイテッド・エクスプレスが運航するフライトに対してのみ適用されます。 コードシェア便のペットの機内持ち込み規定については、各航空会社にお問い合わせください。 複数の航空会社を乗り継いでご旅行される場合、ペットの持ち込みが出来るかどうか、それぞれの航空会社にご確認ください。 ユナイテッド航空は、ユナイテッド航空またはユナイテッド・エクスプレスの運航するフライトでのみ、ペットを受け入れております。

空港でのペットの機内持ち込み

客室にペットをお連れになるお客様は、空港ロビーのユナイテッドカスタマーサービス係員のいるカウンターでチェックインし、鮮やかな黄色の手荷物タグをお受け取りになり、ペットのケージに取り付ける必要があります。

ペットの機内持ち込み

  • 空港および機内では、動物をケージから出さないでください。
  • ペットのケージは常に、お客様の前の座席の下の床に置いてください。
  • ご搭乗エリアおよびご搭乗中は、ペットをケージに入れ、蓋を閉めておく必要があります。
  • オーストラリア、ハワイ、ニュージーランドおよびその他を発着または経由する場合、ペットをお連れになることはできません。 ご旅行前に、目的地でペットの機内持込みが認められているかどうかをご確認ください。 国際線のペットの機内持ち込みについての詳細、またはご予約をご希望の場合は、ユナイテッド予約センターにお問い合わせください。

    国際線におけるペットの機内持ち込み規定は、路線により大きく異なります。 必要書類およびワクチン接種の条件について詳しくは、ペットの輸送に関する米国農務省のウェブサイトをご覧ください。

  • 米国疾病対策センター(CDC)では、米国に入国するすべての犬に狂犬病の予防接種を義務付けています(特定の狂犬病が発生していない国から到着する犬を除く)。 ワクチン接種は、遅くとも米国入国の30日前までに済ませておく必要があります。生後3ヶ月未満の子犬には狂犬病のワクチン接種が認められていないため、狂犬病が発生していない国から到着する場合を除き、生後4ヶ月未満の子犬は米国に入国できません。

    すべての犬は、米国への入国の際に、以下の情報を記載し、免許を有する獣医が署名した狂犬病ワクチン接種の有効な証明書が必要になります。

    • 犬の所有者の氏名および住所
    • 品種、性別、年齢、色、模様などを含む犬の識別情報
    • ワクチンの接種日および使用したワクチン名
    • ワクチン接種の有効期限日 有効期限の記載がない場合、ワクチン接種は米国到着の12ヶ月前以降に済ませる必要があります。

    詳しくはCDCのウェブサイトをご覧ください。

    猫は、米国への輸入に際して狂犬病ワクチン接種の証明書類は不要ですが、一部の州では、猫への狂犬病ワクチン接種が義務付けられています。そのため、最終目的地の州および現地保健機関に確認することをおすすめします。

    • ペットの機内持ち込みは、スペースがご利用可能な場合にご予約いただけます。
    • 機内にペットをお連れになるお客様は、バルクヘッドまたは非常口列のお座席はご利用いただけません。
    • 客室にペットをお連れになるお客様は、フットレストにより座席下の足元の収納スペースが限られているため、ユナイテッド・プレミアムプラスのお座席はご利用いただけません。
    • 一部の航空機のプレミアムキャビンには、1回のフライトにつきペット2匹までお連れいただけます。 ボーイング757、767、777、787型機のプレミアムキャビンは、座席下の収納スペースに制限があるため、ペットをお連れいただけません。
    • すべてのユナイテッド便のユナイテッド・エコノミーでは、フライトごとにペット4匹が搭乗できます。
      • ボーイング757-200型機のユナイテッド・エコノミーで機内にペットをお連れになるお客様は、通路側席および中央席の座席下の収納スペースが限られているため、窓側席をご利用いただきます。
    • ユナイテッド・エクスプレスをご利用の際の機内に連れいただけるペットの数は、運航会社によって異なります。 各運航会社ごとのペットの機内持ち込み規定に関する詳細は、ユナイテッド予約センターまでお問い合わせください。

広告

Saison