動物の輸送

ユナイテッドは、3月に動物の輸送について包括的な見直しを開始し、5月には、ユナイテッドで移動するすべてのペットの福祉の向上のため、米国初の人道的動物保護活動を行う国立機関、アメリカ人道協会と協力することを発表しました。 

2018年6月18日より、ユナイテッドは、ペットの航空輸送の安全性向上を目指し、いくつかの新しい規定とお客様にお願いする要件を導入します。 これから年末にかけて、ユナイテッドとアメリカ人道協会は、引き続き、動物の輸送の安全性とケアの向上のため、必要に応じて対策を実施します。

アメリカ人道協会が指摘しているように、ペットの輸送にはさまざまなリスクが伴います。 www.united.com/petsafeで (1) 輸送中に動物が快適に過ごせるようにするための重要ポイント、および (2) 改定された規定の詳細をご確認いただくことが非常に重要です。これらの情報はいずれも継続的に更新する予定です。

更新: ペットセーフプログラム廃止の一部例外について。軍関係者およびその配偶者のお客様、米国務省の外務職員 (FSP) およびその配偶者のお客様がグアム発のフライトをご利用の場合に限り、ペットを受託手荷物としてお預けになることができます。

機内持込みのペット

機内にペットをお連れいただけます

ペットの猫、小型犬、うさぎ、ペットの鳥は、米国内のほとんどのフライトで機内持ち込みが可能です。いくつかの規制が適用されます。

ペットセーフ

機内にお連れいただけないペットは輸送できます

ペットセーフは、ペットを安全かつ快適にフライトで輸送することを目的とした特別な動物輸送プログラムです。 ペットセーフのページでガイドラインと制限についてご覧いただき、ぜひペットとのご旅行をご予約ください。

ユナイテッドカーゴは、以下の会員となっています。

ipata-logo.png

介助用動物 

お身体の不自由な、介助用の動物を必要とするお客様は、ユナイテッドおよびユナイテッド・エクスプレスの客室に訓練を受けた介助用動物をお連れいただけます。

米国軍関係者および国務省職員のペットに対する例外措置

現在のところ、軍関係者および国務省職員の方を含め、ペットセーフの新しい予約は受け付けておりません(ページ上部のグアムの例外規定についての最新情報をご覧ください)。 ペットセーフの予約を受け付けている場合は、転属 (PCS) を命じられた米国軍隊に在籍中の方とその配偶者の方、および米国務省の外務職員 (FSP) とその配偶者の方は、配置替えにより国際線を利用される際にペットの犬猫を受託手荷物として輸送することができます。