サステイナブルな燃料源

ユナイテッドのエコスカイ ユナイテッドのエコスカイ ユナイテッドのエコスカイ

世界のCO2排出量のうち、航空業界分は2%のみですが、ユナイテッドは気候変動を世界規模で取り組むべき重大関心事ととらえています。 ユナイテッドの燃料効率は1990年から45%向上していますが、これは初めの一歩に過ぎません。

グラフ - バイオ燃料に対する取り組み。現在の航空業界のバイオ燃料に対する取り組みの55%が、AltAir Fuels社やフルクラムバイオエナジー社との提携によりユナイテッドが実施しているものです。 次がキャセイパシフィック航空です。フルクラムバイオエナジー社と提携し、現在の航空業界のバイオ燃料に対する取り組みの約4分の1を占めています。その他の航空会社がそれに追随しています。 グラフ - バイオ燃料に対する取り組み。現在の航空業界のバイオ燃料に対する取り組みの55%が、AltAir Fuels社やフルクラムバイオエナジー社との提携によりユナイテッドが実施しているものです。 次がキャセイパシフィック航空です。フルクラムバイオエナジー社と提携し、現在の航空業界のバイオ燃料に対する取り組みの約4分の1を占めています。その他の航空会社がそれに追随しています。 グラフ - バイオ燃料に対する取り組み。現在の航空業界のバイオ燃料に対する取り組みの55%が、AltAir Fuels社やフルクラムバイオエナジー社との提携によりユナイテッドが実施しているものです。 次がキャセイパシフィック航空です。フルクラムバイオエナジー社と提携し、現在の航空業界のバイオ燃料に対する取り組みの約4分の1を占めています。その他の航空会社がそれに追随しています。
航空各社、エンジンおよび機体の製造企業、燃料供給事業者、空港、各国政府と連携し、2020年まで燃費効率の年間平均1.5%向上を持続し、2020年からはカーボンニュートラル(植物由来の原料を使用することで大気中の二酸化炭素を増加させない)な成長を実現すること、および2050年までにCO2排出量を50%削減することを目指す業界全体の目標達成に向けて取り組んでいます。


世界のCO2排出量のうち、航空業界分は2%のみですが、ユナイテッドは気候変動を世界規模で取り組むべき重大関心事ととらえています。 ユナイテッドの燃料効率は1990年から45%向上していますが、これは初めの一歩に過ぎません。

航空各社、エンジンおよび機体の製造企業、燃料供給事業者、空港、各国政府と連携し、2020年まで燃費効率の年間平均1.5%向上を持続し、2020年からはカーボンニュートラル(植物由来の原料を使用することで大気中の二酸化炭素を増加させない)な成長を実現すること、および2050年までにCO2排出量を50%削減することを目指す業界全体の目標達成に向けて取り組んでいます。

ユナイテッドは、サステイナブルな航空燃料に投資することで、さらにサステイナブルな航空事業運営を目指しています。 この投資には環境面のメリットだけでなく、将来の石油価格の不安定化に対応し、ユナイテッドがサービスを提供する地域のコミュニティにクリーンエネルギー関連の職を創出する意味もあります。

詳しくはこちら

提携パートナー

ユナイテッドは、サステイナブルな航空燃料が航空業界にイノベーションをもたらすことを期待しています。 このような燃料促進のリーダーとして、CO2排出量の削減とエネルギーの多様化を実現するため、ユナイテッドは戦略的パートナーと共に、持続可能な航空燃料の開発に積極的に取り組んでいます。

この分野での功績が認められ、天然資源防護協議会 (NRDC) により、ユナイテッドは幅広く強力な取り組みとサプライチェーンへの導入において「航空業界のリーディングカンパニー」に選ばれました。

初めて達成された出来事を時系列で紹介

ここ10年間にわたり、ユナイテッドは持続可能な航空燃料分野において米国航空業界を牽引してきました。 ユナイテッドが初となった出来事をいくつかご紹介します。

初めて達成された出来事を時系列で紹介する画像。 2009年、藻類を利用した代替燃料による試験飛行を初めて実施。 2011年、先進的バイオ燃料による商用便を初めて運航。 2013年、サステイナブルな航空バイオ燃料の初めての商業規模の供給合意に参加。2015年、フルクラムバイオエナジー社に出資。バイオ燃料企業に出資した米国初の航空会社となりました。 2016年、定期運航便に再生可能なバイオ燃料を使用する米国初の航空会社となりました。 初めて達成された出来事を時系列で紹介する画像。 2009年、藻類を利用した代替燃料による試験飛行を初めて実施。 2011年、先進的バイオ燃料による商用便を初めて運航。 2013年、サステイナブルな航空バイオ燃料の初めての商業規模の供給合意に参加。2015年、フルクラムバイオエナジー社に出資。バイオ燃料企業に出資した米国初の航空会社となりました。 2016年、定期運航便に再生可能なバイオ燃料を使用する米国初の航空会社となりました。 初めて達成された出来事を時系列で紹介する画像。 2009年、藻類を利用した代替燃料による試験飛行を初めて実施。 2011年、先進的バイオ燃料による商用便を初めて運航。 2013年、サステイナブルな航空バイオ燃料の初めての商業規模の供給合意に参加。2015年、フルクラムバイオエナジー社に出資。バイオ燃料企業に出資した米国初の航空会社となりました。 2016年、定期運航便に再生可能なバイオ燃料を使用する米国初の航空会社となりました。

AltAir Fuels

2016年、ユナイテッドは、持続可能な航空燃料を毎日継続的に使用する世界で初めての航空会社となりました。 燃料は、AltAir Fuels社により、ユナイテッドのハブ空港であるロサンゼルス空港に供給されています。 AltAir社は、Honeywell UOP社の技術を活用し、カリフォルニア州パラマウント市の製油所を、非食用天然油や農業廃棄物などを原料として先進的な低炭素バイオ燃料を生成する施設に大規模改造しました。

2018年上旬、AltAir社の燃料は、持続可能なバイオ原料円卓会議のサステナビリティ認証を取得しました。 AltAir社の燃料は、石油系製品と同じ業界標準を満たしながら温室効果ガス (GHG) 排出量を60%以上削減します。 また、AltAir社の混合原料には、廃棄物や残留物質の使用が不可欠です。これらを使用することで、陸地や、真に持続可能なバイオエコノミーの発展の軸となる天然資源への負荷が低減します。

解説画像 - AltAir社とユナイテッド: 数字で見る歩み。「1,500万」ガロンは、ユナイテッドがAltAir社から3年間で購入するバイオ燃料の量。 「2016」は、ユナイテッドが歴史を刻んだ年。2016年3月、ユナイテッドはAltAir Fuels社からバイオ燃料の継続的な供給を受ける初めての企業となりました。「65」は、AltAir社の製油所の開設によってカリフォルニア州パラマウントで創出された雇用数。「60+」は、従来のジェット燃料と比較した場合のAltAir社のバイオ燃料の温室効果ガス排出量削減率。 「30」は、従来のジェット燃料に混ぜ合わせるバイオ燃料の割合。 解説画像 - AltAir社とユナイテッド: 数字で見る歩み。「1,500万」ガロンは、ユナイテッドがAltAir社から3年間で購入するバイオ燃料の量。 「2016」は、ユナイテッドが歴史を刻んだ年。2016年3月、ユナイテッドはAltAir Fuels社からバイオ燃料の継続的な供給を受ける初めての企業となりました。「65」は、AltAir社の製油所の開設によってカリフォルニア州パラマウントで創出された雇用数。「60+」は、従来のジェット燃料と比較した場合のAltAir社のバイオ燃料の温室効果ガス排出量削減率。 「30」は、従来のジェット燃料に混ぜ合わせるバイオ燃料の割合。 解説画像 - AltAir社とユナイテッド: 数字で見る歩み。「1,500万」ガロンは、ユナイテッドがAltAir社から3年間で購入するバイオ燃料の量。 「2016」は、ユナイテッドが歴史を刻んだ年。2016年3月、ユナイテッドはAltAir Fuels社からバイオ燃料の継続的な供給を受ける初めての企業となりました。「65」は、AltAir社の製油所の開設によってカリフォルニア州パラマウントで創出された雇用数。「60+」は、従来のジェット燃料と比較した場合のAltAir社のバイオ燃料の温室効果ガス排出量削減率。 「30」は、従来のジェット燃料に混ぜ合わせるバイオ燃料の割合。

フルクラム・バイオエナジー(Fulcrum Bioenergy)社

2015年、ユナイテッドは、廃棄物や家庭ごみから低価格で持続可能な航空燃料を作り出す技術開発のパイオニア、フルクラムバイオエナジー社と提携し、航空業界史上最大の持続可能な航空燃料購入契約を締結しました。

ユナイテッドは、フルクラム社と共に、弊社の米国内のハブ空港近くに持続可能な航空燃料の製油所を展開します。 これらの製油所が建設されれば、運用開始後10年間でユナイテッド用に約10億ガロンの持続可能な航空燃料が生成されます。

ユナイテッドは、フルクラム社との契約により、二酸化炭素排出量の削減、埋め立てごみ廃棄場に移送される廃棄物の削減、弊社のハブ空港を支える地域社会にあるフルクラム社の施設での雇用創出を実現いたします。

ごみから燃料へ

一般の家庭ごみが、埋立地へ行くことなく、飛行機の燃料として活用されるプロセスをご紹介します。

解説画像 - ごみから燃料へ。ステップ1:ごみの収集。 一般ごみが回収され、フルクラム社の施設に送られます。 ステップ2:ごみの処理。 ごみが処理されます。資源ごみが取り除かれ、その残りが製油所へ送られます。 ステップ3:フルクラムバイオエナジー社。 製油所で、ごみから、ユナイテッドの技術要件を満たすサステイナブルな完全代替航空バイオ燃料が生成されます。 ステップ4:クリーン燃料。 バイオ燃料が空港給油施設に運ばれ、そこで従来のジェット燃料と混ぜ合わせられます。 ステップ5:空の上へ。 フルクラム社のサステイナブルな航空バイオ燃料は、従来の燃料と比較して、ライフサイクル全体の温室効果ガス排出量が80%削減されています。 解説画像 - ごみから燃料へ。ステップ1:ごみの収集。 一般ごみが回収され、フルクラム社の施設に送られます。 ステップ2:ごみの処理。 ごみが処理されます。資源ごみが取り除かれ、その残りが製油所へ送られます。 ステップ3:フルクラムバイオエナジー社。 製油所で、ごみから、ユナイテッドの技術要件を満たすサステイナブルな完全代替航空バイオ燃料が生成されます。 ステップ4:クリーン燃料。 バイオ燃料が空港給油施設に運ばれ、そこで従来のジェット燃料と混ぜ合わせられます。 ステップ5:空の上へ。 フルクラム社のサステイナブルな航空バイオ燃料は、従来の燃料と比較して、ライフサイクル全体の温室効果ガス排出量が80%削減されています。 解説画像 - ごみから燃料へ。ステップ1:ごみの収集。 一般ごみが回収され、フルクラム社の施設に送られます。 ステップ2:ごみの処理。 ごみが処理されます。資源ごみが取り除かれ、その残りが製油所へ送られます。 ステップ3:フルクラムバイオエナジー社。 製油所で、ごみから、ユナイテッドの技術要件を満たすサステイナブルな完全代替航空バイオ燃料が生成されます。 ステップ4:クリーン燃料。 バイオ燃料が空港給油施設に運ばれ、そこで従来のジェット燃料と混ぜ合わせられます。 ステップ5:空の上へ。 フルクラム社のサステイナブルな航空バイオ燃料は、従来の燃料と比較して、ライフサイクル全体の温室効果ガス排出量が80%削減されています。

バイオ燃料についてよくあるご質問

  • 違いは元となる原料、原料油です。 従来のジェット燃料は原油から精製されてきましたが、持続可能な航空機バイオ燃料には、非食用天然油や農業廃棄物を使用します。 連邦航空局は、ASTMの使用に基づき、この燃料が航空機使用に足ると判断しました。 AltAirは、持続可能なバイオ原料円卓会議(RSB)の認証を目指しています。RSB認証は世界的な持続可能性標準であり、バイオマスやバイオ燃料の製造業者が厳格な社会責任と環境基準を満たすことを認める認証システムです。

  • 持続可能な航空機燃料は、従来のジェット燃料に比べ、「ライフサイクル」を通じて作り出されるCO2の排出量を大幅に削減することで、環境に貢献できます。 「ライフサイクル」とは、抽出または精製する原料油の回収から燃料の輸送や使用までのプロセス全体を通じた合計排出量を指しています。

  • はい、AltAir社の製品と同様のバイオ燃料を使用し、同じHoneywell UOP社のGreen Jet Fuel™プロセスを使用して、これまでに数千回の試験が行われています。 AltAir社の燃料は、従来のジェット燃料と同じ厳格な国際燃料認証(ASTM標準D-1655)を満たしており、連邦航空局は、この燃料を航空機に使用した場合、ASTMの仕様を満たすと判断しました。 この燃料は「完全代替」燃料と見なされているため、インフラストラクチャーや航空機エンジンの改造は不要です。 100%石油由来の燃料も、バイオ燃料を混合燃料も、同じ技術要件と同じ安全要件を満たしているため、どちらのタイプを使用した機体のフライトをご利用いただいても、お客様が違いに気づくことはありません。

  • この立ち上げは、バイオ燃料の使用をデモフライトやパイロットプログラムの先まで進め、稼働中の商業事業に組み込む点で、米国の商業航空産業界史に残る成果です。 ユナイテッドがAltAir社から購入する1,500万ガロンのバイオ燃料は、ロサンゼルスの燃料サプライチェーン全体で使用されます。 これは、ロサンゼルス-サンフランシスコ間のフライトに換算すると、12,500回分に相当します。

  • 現時点では、特にバイオ燃料を使用したフライトを指定して航空券を購入する方法はありません。 ユナイテッドは、コスト競争力のある商業規模の航空機バイオ燃料を他の多数の拠点にも広げていく長期目標を掲げています。 ユナイテッドは、AltAir Fuels社やフルクラムバイオエナジー社との契約により、今後数年間に数百万ガロンの持続可能な航空機バイオ燃料をユナイテッドがサービスを提供する他の空港にも展開していきます。

  • まず、フライトに関わる燃料効率の大幅な改善やバイオ燃料の使用量拡大を通じ、二酸化炭素排出濃度の削減に取り組むユナイテッドのような航空会社をご旅行にご利用いただけます。 ユナイテッドでは、エコスカイCarbonChoiceプログラムを通じてカーボンオフセットをマイルまたは自己負担金でご購入いただくことにより、ユナイテッド航空機でのご旅行や貨物輸送で排出される二酸化炭素削減にご協力いただけます。

広告

Saison