100% Green: Carbon neutral by 2050

100%グリーン
2050年までにカーボンニュートラルを実現

100%グリーン
2050年までにカーボンニュートラルを実現

ユナイテッドは、気候変動に対する航空会社としての自らの影響とその解決における責任を自覚しています。温室効果ガスの排出を2050年までに100%減らすことにより100%グリーンになるという目標を達成するため、この問題の解決と持続的な変革へ向けて航空業界を牽引し、他の業界とも協調していく所存です。

その一環として、超党派政策センター(Bipartisan Policy Center)のネットゼロビジネスアライアンス(NZBA)に参加し、気候変動を減速させる革新的な公共政策、投資戦略、技術革新について他の業界のメンバーと連携していきます。

A word from our CEO, Scott Kirby

“When I became United Airlines’ new CEO at the beginning of the pandemic, I did so with a grand vision for our company: to make sustainability the new standard in flight. I realize it’s an ambitious vision for someone in an industry that depends on burning fossil fuels to operate. As the leader of one of the world’s largest airlines, I recognize our responsibility in contributing to climate change as well as our responsibility to solve it. It’s no longer enough for us to connect the world without making sure it has a future.”

Read the rest of Scott's letter here

スコット・カービーCEOからのメッセージ

「このパンデミックの始まりにユナイテッド航空の新しいCEOになった時、私は会社の大きなビジョンを掲げました。それはサステナビリティ(持続可能性)を航空機運航の新しい標準とすることです。事業運営を化石燃料の燃焼に依存している業界の人間にとっては、それが野心的なビジョンであることは分かっています。私は世界最大規模の航空会社のリーダーとして、気候変動の一因となっている責任と、それを解決すべき責任の両方の責任を自覚しています。私たちにとって、世界をつなぐだけではもはや十分ではありません。同時に世界の未来を確実に守らなければいけません。」

スコットのレターの続きはこちら

ユナイテッドはコーポレートサステナビリティにおいて主導的役割を果たしていると評価されています。

二酸化炭素排出量の削減、気候リスクの緩和、低炭素経済の発展に向けた行動が認められて、2020年、ユナイテッドは権威あるCDPの「気候変動Aリスト」に選定されました。CDPは、企業や政府が環境に与える影響とその対策を追跡、開示、理解するための支援を行っています。

Our path to decarbonization

True sustainability is about taking on the biggest culprit in our industry — the emissions generated by our aircraft. Unlike other airlines, we’re looking beyond using carbon offsets. We believe carbon offsets simply don’t go far enough to address the emissions caused by our operations. To achieve carbon neutrality by 2050, we’ll aim to tackle emissions at their source by continuing and accelerating development and investment in:

持続可能な航空燃料

再生可能な資源と廃棄物由来の製品を原料とする持続可能な航空燃料は、通常のジェット燃料より二酸化炭素排出量を最大80%削減し、ユナイテッドの航空機全体の排出量を削減する最も迅速で効果的な方法となっています。ユナイテッドは10年以上前から持続可能な燃料への大規模な投資を行い、単独で世界使用量の半分を使用しています。

直接空気回収

二酸化炭素の回収・隔離は広く科学者の間で気候変動を抑制するために必要な手段と考えられており、そのために最も大規模に実現可能な方法が直接空気回収技術であるとされています。ユナイテッドは米国初の直接空気回収プラントに資金を提供する新興企業への数百万ドルの投資を予定しています。直接空気回収プラントでは、樹木4,000万本の処理量に相当する100万メートルトンのCO2の改修、除去、貯留を計画しています。

二酸化炭素の回収・隔離がどのように役立つのですか?

直接空気回収は、二酸化炭素を空気中から直接回収し、地下深くに埋めたり、再利用したりできるようにする技術です。

空気中の二酸化炭素のビジュアルイメージ

巨大なファンで大気中の空気を継続的に吸引し、化学反応によってCO2分子を抽出して、非毒性溶液でトラップします。

空気を吸引し、非毒性溶液を生成するファンのビジュアルイメージ

その後、CO2は一連の化学プロセスを経て圧縮・浄化され、ポンプで地中に送り込まれて、永久的に隔離されるか、または再利用されます。

地下に注入される二酸化炭素のビジュアルイメージ

直接空気回収技術による回収・隔離は、樹木が光合成する際のしくみに似ていますが、このプロセスをはるかに高速に行います。

©Carbon Engineering Ltd.

二酸化炭素の回収・隔離がどのように役立つのですか?

直接空気回収は、二酸化炭素を空気中から直接回収し、地下深くに埋めたり、再利用したりできるようにする技術です。

空気中の二酸化炭素のビジュアルイメージ

巨大なファンで大気中の空気を継続的に吸引し、化学反応によってCO2分子を抽出して、非毒性溶液でトラップします。

空気を吸引し、非毒性溶液を生成するファンのビジュアルイメージ

その後、CO2は一連の化学プロセスを経て圧縮・浄化され、ポンプで地中に送り込まれて、永久的に隔離されるか、または再利用されます。

地下に注入される二酸化炭素のビジュアルイメージ

直接空気回収技術による回収・隔離は、樹木が光合成する際のしくみに似ていますが、このプロセスをはるかに高速に行います。

©Carbon Engineering Ltd.

二酸化炭素の回収・隔離がどのように役立つのですか?

直接空気回収は、二酸化炭素を空気中から直接回収し、地下深くに埋めたり、再利用したりできるようにする技術です。

空気中の二酸化炭素のビジュアルイメージ

巨大なファンで大気中の空気を継続的に吸引し、化学反応によってCO2分子を抽出して、非毒性溶液でトラップします。

空気を吸引し、非毒性溶液を生成するファンのビジュアルイメージ

その後、CO2は一連の化学プロセスを経て圧縮・浄化され、ポンプで地中に送り込まれて、永久的に隔離されるか、または再利用されます。

地下に注入される二酸化炭素のビジュアルイメージ

直接空気回収技術による回収・隔離は、樹木が光合成する際のしくみに似ていますが、このプロセスをはるかに高速に行います。

©Carbon Engineering Ltd.