動物の輸送

本日より、ペットセーフまたは軍関係のペットの輸送の新規予約は承っておりません。 2018年3月20日までに予約を承ったペットセーフおよび軍関係のペット輸送についてはそのままご利用いただけますが、予約のキャンセルも承ります。 このプログラムの廃止によりペットの機内持ち込みには影響ありません。

ユナイテッドでは、ペットセーフプログラムに関して詳細かつ体系的な評価を行い、お客様とペットが安心してお過ごしいただけるような改善を行うため、このような自発的な対策を実施しております。 評価は、2018年5月1日までに完了する見込みです。

更新: ペットセーフプログラム廃止の一部例外について。4月3日から4月30日の期間に軍関係者およびその配偶者のお客様、米国務省の外務職員(FSP)およびその配偶者のお客様がグアム発のフライトをご利用の場合に限り、ペットを受託手荷物としてお預けになることができます。

機内持込みのペット

機内にペットをお連れいただけます

ペットの猫、小型犬、うさぎ、ペットの鳥は、米国内のほとんどのフライトで機内持ち込みが可能です。いくつかの規制が適用されます。

ペットセーフ

機内にお連れいただけないペットは輸送できます

ペットセーフは、ペットを安全かつ快適にフライトで輸送することを目的とした特別な動物輸送プログラムです。 ペットセーフのページでガイドラインと制限についてご覧いただき、ぜひペットとのご旅行をご予約ください。

ユナイテッドカーゴは、以下の会員となっています。

ipata-logo.png

介助用動物 

お身体の不自由な、介助用の動物を必要とするお客様は、ユナイテッドおよびユナイテッド・エクスプレスの客室に訓練を受けた介助用動物をお連れいただけます。

米国軍関係者および国務省職員のペットに対する例外措置

転属 (PCS) を命じられた米国軍隊に在籍中の方とその配偶者の方、および米国務省の外務職員 (FSP) とその配偶者の方は、配置替えにより国際線を利用される際にペットの犬猫を受託手荷物として輸送することができます。